カメラのキタムラスタジオマリオカメラのキタムラ

デジカメプリント・フォトブック・カメラのことはおまかせ!

閉じる

修理人たぐちの徒然日記コラム・ギャラリー

数々の執筆経験を持つカリスマカメラ修理人・田口由明氏のカメラ修理に関するコラム。
趣味の蕎麦打ちや家庭菜園などについての話題も掲載。

プロフィールはこちらから
1948年東京生まれの団塊世代。
1966年カメラのきむらに入社、修理部に配属される。
配属後、オリンパス光学・ニコンにて修理技術研修を受ける。 カメラ修理が趣味として確立されて行く中、良き相談元として、数々の取材を受け学習研究社「カメラGET」に「修理の手引き」を執筆、その後、成文堂新光社「おとなの工作読本」に「蘇れ:名機達」の修理記事を執筆し、自ら考案した修理方法を惜しげもなく公開して、日本の文化的財産であるカメラ保存の一翼を担う。
総集編「よくわかるカメラの改造と修理」は、バイブル的存在となっている。
その後、請われて池袋東武カルチャースクールの講師となる。
緻密な銅板画を描くイギリス人画家Grahamclarkeには共鳴するところがあると言う。
杉浦日向子著の「蕎麦屋に憩う」を片手に蕎麦友と蕎麦屋通いの途中、神楽坂にある「たかさご」の店主に誘われ十割り蕎麦打ちを始める。
そして、蕎麦打ちは蕎麦作りからと、親睦会の「たかさご会」設立に伴い入会し、都下檜原村での蕎麦づくりに参加。
2007年4月、修理部閉鎖に伴い日本橋店中古売り場へ異動。
2009年4月、統合によりカメラのキタムラ日本橋店中古売り場担当として活躍する。
2010年11月、カメラのキタムラを退職し、第2の人生をスタートさせる。

2016.06.24【Vol.1353】

青森県十二湖

青森県十二湖

青森県と接する秋田県八峰町から十二湖を訪れました。駐車場に隣接する土産店は観光客で溢れていました。
十二湖は江戸時代の大地震による山崩れで誕生したと言われ、案内図は広範囲に点在する池を表していますが、時間的制約から青池周辺を散策することにしました。

青森県十二湖

遊歩道を進んで間もなく現れた大きな頭場(けとうば)の池は新緑を写し翡翠色です。

青森県十二湖

青森県十二湖

神秘的な色合いの青池です。裏磐梯五色沼にもコバルト色の池がありますね。
何言え青い瞳を輝かすのか?詳しい事は不明のようです。

青森県十二湖

青池より木道を上って開けた場所から白神ブナ原生林へ遊歩道が続いています。

青森県十二湖

ブナの大木に耳を接してる方が多々おりました。隠居人も訊いてみました。
確かに生命の躍動感が聞こえるのです。その躍動音は葉から蒸散する水分を補うために根から吸いあげている音なのです。躍動音は部位により聞こえ辛く、隠居人が訊いた右側の仲間の場所が良く聞こえたのです。
検索いたしましたら、神戸大学森林資源研究室のHPの中で樹木の組織学と整理学の項(3).幹の中の水の流れは聞こえるか?で詳しく解説してありました。
http://www2.kobe-u.ac.jp/~kurodak/Basic.html

青森県十二湖

ブナ林を進んだ先に沸壺の池があります。上空から見れば白神の妖精の青き瞳となり得るでしょう。

青森県十二湖

沸壺の池より流れ落ちた所に茶店があり、平成の名水百選に選ばれた沸壺池の清水として飲むことが出来ます。その色はブナ林に囲まれていたコバルト色ではありませんでした。
それは白神を開発から守ったクマゲラが流した感謝の涙とでも申しましょうか?落ち口の池へと注いでいます。

青森県十二湖

大木となり得たブナは寿命を迎え朽ち果てていきます。そこに陽が差し込み新たな生命の源となるのです。

青森県十二湖

青森県十二湖

青森県十二湖

遊歩道脇には山野草がひっそりと暖かくなりました季節を営みに代えており、地元の方にそれぞれの名を教えて頂きました。
ユキグサは雪の結晶を思わせる線香花火の軌跡の如し。エンレイソウは三枚に見えるのが花で、中の塊は実との事。秋には熟れて食べられるようです。
マムシソウはマムシが鎌首を持ち上げた姿であり、サトイモ科に属し地中の球茎に毒があります。秋に実が熟すると摂食による中毒症が2004~2009年の間に4件起きたと厚生労働省HPに記述がありました。実際は報告よりもそっと多いと考えられます。

隠居人 田口由明

前の記事へ

次の記事へ


LINEで送る