カメラのキタムラスタジオマリオカメラのキタムラ

デジカメプリント・フォトブック・カメラのことはおまかせ!

閉じる

修理人たぐちの徒然日記コラム・ギャラリー

数々の執筆経験を持つカリスマカメラ修理人・田口由明氏のカメラ修理に関するコラム。
趣味の蕎麦打ちや家庭菜園などについての話題も掲載。

プロフィールはこちらから
1948年東京生まれの団塊世代。
1966年カメラのきむらに入社、修理部に配属される。
配属後、オリンパス光学・ニコンにて修理技術研修を受ける。 カメラ修理が趣味として確立されて行く中、良き相談元として、数々の取材を受け学習研究社「カメラGET」に「修理の手引き」を執筆、その後、成文堂新光社「おとなの工作読本」に「蘇れ:名機達」の修理記事を執筆し、自ら考案した修理方法を惜しげもなく公開して、日本の文化的財産であるカメラ保存の一翼を担う。
総集編「よくわかるカメラの改造と修理」は、バイブル的存在となっている。
その後、請われて池袋東武カルチャースクールの講師となる。
緻密な銅板画を描くイギリス人画家Grahamclarkeには共鳴するところがあると言う。
杉浦日向子著の「蕎麦屋に憩う」を片手に蕎麦友と蕎麦屋通いの途中、神楽坂にある「たかさご」の店主に誘われ十割り蕎麦打ちを始める。
そして、蕎麦打ちは蕎麦作りからと、親睦会の「たかさご会」設立に伴い入会し、都下檜原村での蕎麦づくりに参加。
2007年4月、修理部閉鎖に伴い日本橋店中古売り場へ異動。
2009年4月、統合によりカメラのキタムラ日本橋店中古売り場担当として活躍する。
2010年11月、カメラのキタムラを退職し、第2の人生をスタートさせる。

2017.01.20【Vol.1422】

干し柿作り

干し柿作り

埼玉菜園の次郎柿の種を蒔けば渋柿と元に戻ってしまいました。
元々渋柿の突然変異ですから当然と言えば当然なのです。甘柿にも渋柿にもシブイと感じるタンニンが含まれています。渋柿は水溶性、甘柿は不溶性ですので味覚で感じるか感じないかのようです。
そろそろ気温も右肩下がり、木枯らしも吹き始め、干し柿作りには良い環境になりDIYショウで求めた髙枝鋏で収穫することにしました。所がギッチョン実を掴み損ない落下させる憂き目に。何と不良品のようでボルトのねじ切りがグスグス。日本向けの包装でしたが検品ハネだったのでしょう。ご近所さんが貸してくれました。

干し柿作り

立派でしたが野鳥に啄まれていました。

干し柿作り

驚愕の大玉は332gもありました。

干し柿作り

以前は包丁でくるくる剥いていました。時間を要するのでヘタ部を処理し、ピーラーで楽をしてしまいました。

干し柿作り

カビ防止に麻紐で3連結びをし、5秒の煮沸消毒をします。

干し柿作り

物干し竿にぶら下げます。水分が飛び薄皮が形成された頃を見計らい手をかじかませながらモミモミを繰り返します。柔らかい内があんぽ柿とし、より乾燥させコロ柿風に仕上げます。

干し柿作り

干し始めてから11日目。表面の乾燥が進みまして1回目のモミモミを致します。
揉むことで均等に渋が抜けてゆく効果があります。二日後にもう一度モミモミします。

干し柿作り

干し柿作り

干し柿は手数が掛かりますので良いお値段です。では手作りでとなりましても渋柿も良いお値段で販売されています。
幸い自宅の渋柿で干し上げ、これまたお値段の良いミルフィールにしてみました。
使用するはラム酒の方が香りよく宜しいのです。でも手持ち無く受講生に戴きました8年物のブランデーベース梅酒がありましたので流用しました。押し寿司の型を利用し、間に粉砕した胡桃と生姜の砂糖煮を挟みワインにも合いますスイーツの完成です。

干し柿作り

干し柿作り

日本橋Mちゃんチーズ売り場ですすめられたブルーチーズと製菓用のラム酒を求め、干し柿ミルフィーユを再仕込。麻布十番梁山泊にて開催されたたかさご会忘年会に持参し味わっていただきました。
阿波国蕎麦友さん持ち込みのDewar’s15年物ウイスキーにガッテンで好き嫌い女王様にも喜んで戴きました。しかし、チーズ以外も良いね!の課題を戴いてしまいました。
トホホ!トホホ!です。

隠居人 田口由明

前の記事へ

次の記事へ


LINEで送る