カメラのキタムラスタジオマリオカメラのキタムラ

デジカメプリント・フォトブック・カメラのことはおまかせ!

閉じる

修理人たぐちの徒然日記コラム・ギャラリー

数々の執筆経験を持つカリスマカメラ修理人・田口由明氏のカメラ修理に関するコラム。
趣味の蕎麦打ちや家庭菜園などについての話題も掲載。

プロフィールはこちらから
1948年東京生まれの団塊世代。
1966年カメラのきむらに入社、修理部に配属される。
配属後、オリンパス光学・ニコンにて修理技術研修を受ける。 カメラ修理が趣味として確立されて行く中、良き相談元として、数々の取材を受け学習研究社「カメラGET」に「修理の手引き」を執筆、その後、成文堂新光社「おとなの工作読本」に「蘇れ:名機達」の修理記事を執筆し、自ら考案した修理方法を惜しげもなく公開して、日本の文化的財産であるカメラ保存の一翼を担う。
総集編「よくわかるカメラの改造と修理」は、バイブル的存在となっている。
その後、請われて池袋東武カルチャースクールの講師となる。
緻密な銅板画を描くイギリス人画家Grahamclarkeには共鳴するところがあると言う。
杉浦日向子著の「蕎麦屋に憩う」を片手に蕎麦友と蕎麦屋通いの途中、神楽坂にある「たかさご」の店主に誘われ十割り蕎麦打ちを始める。
そして、蕎麦打ちは蕎麦作りからと、親睦会の「たかさご会」設立に伴い入会し、都下檜原村での蕎麦づくりに参加。
2007年4月、修理部閉鎖に伴い日本橋店中古売り場へ異動。
2009年4月、統合によりカメラのキタムラ日本橋店中古売り場担当として活躍する。
2010年11月、カメラのキタムラを退職し、第2の人生をスタートさせる。

2016.09.23【Vol.1382】

OLYMPUS Pen-F(家康の肖像画)

OLYMPUS Pen-F

心得がありでペイント塗装をしたのであろう!しかし化粧皮は破れ傘。

OLYMPUS Pen-F

2本の欠損ネジはシャター機構部を固定してあります!
経緯は分からないが、譲り受けたと言う。代価の支払いには至らないと推測するが定かでは無い。この先、如何なる事態に遭遇するのか?新規中古店を開いた女将の涙を止められるのか。。。

OLYMPUS Pen-F

底板を外すと遊び人のネジが引っかかっている。
ミラー駆動連絡板は欠落している。後に判明したことであるが、取りあえず取り繕い組み立てた様だ!

OLYMPUS Pen-F

上カバーを外してみました。シンクロリード線は丸めてあり、接続していない。
巻上レバーのペイントするに巻上レバー押えネジを外そうとしたが、ねじ切ってしまった。ネジの仕様から大きな頭をしているが、ネジ切りが細すぎる。無理をすればねじ切ってしまいます。ドリルを立て、タップも立てて修復してある。多少の心得はあるようです。

OLYMPUS Pen-F

前板を分離すると恐れていたことが起きミラー駆動バネを変形させてしまったようだ。
カメラ修理教室でPen-Fを講義したことがあります。
シャター機構部のバネ力量の掛け方。そしてミラー駆動部にバネの力量を掛けるのですが、理屈を説明するに難儀し、シャター機構部もミラー駆動部も動作する力が必要な事を理解させ如何にミラー駆動部に力量を与えるか!でした。

OLYMPUS Pen-F

シャター機構部はシャター幕を回転させる中間歯車の欠損。減速歯車組品にも欠損部がありました。何でこのような状態に陥ったのか?
家康が三方原で信玄に破れ、命からがら城に駆け込み肖像画を描かせ、生涯の戒めとした心境ですね。
Pen-Fは限られた空間に納められていますので、緩み防止にカシメを多用してあります。
それ故、無闇に分解するのは禁物なのです。

OLYMPUS Pen-F

最初にやるべき事はスプロケット軸を交換する事でした。

OLYMPUS Pen-F

シャター機構部も移植を見つけ、治具上で動作調整を致しました。

OLYMPUS Pen-F

途中で投げ出しても仕方が無い破壊行為の連続でした。
残りの組み立て作業は上カバーを被せるだけになり、引き渡し時は笑顔を拝める事でしょう。

隠居人 田口由明

前の記事へ

次の記事へ

2016年の日記一覧へ

2016年の日記一覧へ


LINEで送る