カメラのキタムラスタジオマリオカメラのキタムラ

デジカメプリント・フォトブック・カメラのことはおまかせ!

閉じる

修理人たぐちの徒然日記コラム・ギャラリー

数々の執筆経験を持つカリスマカメラ修理人・田口由明氏のカメラ修理に関するコラム。
趣味の蕎麦打ちや家庭菜園などについての話題も掲載。

プロフィールはこちらから
1948年東京生まれの団塊世代。
1966年カメラのきむらに入社、修理部に配属される。
配属後、オリンパス光学・ニコンにて修理技術研修を受ける。 カメラ修理が趣味として確立されて行く中、良き相談元として、数々の取材を受け学習研究社「カメラGET」に「修理の手引き」を執筆、その後、成文堂新光社「おとなの工作読本」に「蘇れ:名機達」の修理記事を執筆し、自ら考案した修理方法を惜しげもなく公開して、日本の文化的財産であるカメラ保存の一翼を担う。
総集編「よくわかるカメラの改造と修理」は、バイブル的存在となっている。
その後、請われて池袋東武カルチャースクールの講師となる。
緻密な銅板画を描くイギリス人画家Grahamclarkeには共鳴するところがあると言う。
杉浦日向子著の「蕎麦屋に憩う」を片手に蕎麦友と蕎麦屋通いの途中、神楽坂にある「たかさご」の店主に誘われ十割り蕎麦打ちを始める。
そして、蕎麦打ちは蕎麦作りからと、親睦会の「たかさご会」設立に伴い入会し、都下檜原村での蕎麦づくりに参加。
2007年4月、修理部閉鎖に伴い日本橋店中古売り場へ異動。
2009年4月、統合によりカメラのキタムラ日本橋店中古売り場担当として活躍する。
2010年11月、カメラのキタムラを退職し、第2の人生をスタートさせる。

2017.07.21【Vol.1481】

職人に導かれ束子作り

職人に導かれ束子作り

拙宅での台所の必需品は「たわし」でした。それがスポンジに変わったのは何時の頃なのでしょうね?何気に訪れた亀の子束子本社は大正の建物であり、ドアストッパーも石製の亀さんです。特許を取得した日を「たわしの日」としてから110年の齢を刻みました。
毎年イベントが行われると訊いてから3ヶ月、カメラ修理教室の皆様とたわし作りに参加してきました。

職人に導かれ束子作り

画像右上から時計回りに進みます。①子供達もMy束子作りが楽しみのようですね。
②職人の方が針金を取り付けます。③箱に並ぶスリランカ産椰子の繊維です。④椰子繊維を受け取り針金で挟むよう手前と奥に挟みます。

職人に導かれ束子作り

⑤椰子繊維を均等に挟み込んだら、手前に丸棒を差し込みますと丸棒の太さの輪が出来ます。⑥徐々に捻りを加えていきます。⑦捻り終わりました束子棒ですね。繊維の並び方が不揃いですから「刈り込み器」を通すと散髪直後の髪と同じですね。⑧中心を見極め直立棒でU字に曲げます。

職人に導かれ束子作り

⑨U字型の治具に差し込み椰子縄を巻き込みます。⑩縄のよじれを緩め針金の輪に通したら縄を切断します。⑪ペンチで針金同士を絡めます。⑫手提げ袋へ入れて戴き完成です。

職人に導かれ束子作り

おじさん達は童心に戻りたわしの泥落とし効果を体験後、野菜を戴き、今晩はきんぴらでしょうか?20秒制限のたわし釣りは時間との勝負でした。参加者の一人が、剣玉は得意ですからと2回のたわし剣玉に挑戦し有言実行の2個をGet。昔、駄菓子屋で大玉の飴を引きたかったヒモくじの亀の子版でした。

職人に導かれ束子作り

保健所へ臨時出店届済を済ませた服部栄養専門学校スペシャル黒糖小豆かき氷を楽しむ。
バックのフルーツカービングが素晴らしい。でもスーパープレミアムスイカ5,000円は遠慮しました。

職人に導かれ束子作り

「オリジナルキーホルダーを作ろう」も体験し、スタンプラリーの印も埋まり缶バッチを戴く。早速愛用ザックに取り付けました。

職人に導かれ束子作り

たわしの素材に棕櫚・椰子・サイザル麻(キジカクシ科リュウゼッラン属)があります。
何々!!マーマレード作りに良いとな!柑橘の果皮表面は凸凹で汚れが溜まり落ちづらい。それではとピールづくりとジャム作り専用に求めてしまいました。

職人に導かれ束子作り

JR板橋駅近くに新撰組局長近藤勇の墓があると知り寄ってみました。
墓と言うよりは袂を分けた長倉新八と生き残り隊士達による供養塔の色彩が強いようです。

職人に導かれ束子作り

昼食後は視覚的と脳も喜ぶスイーツですが、地理不案内で見つけられませんでした。
それではと参加者のスマホで検索しても芳しくありませんでした。
駅ロータリーで放置自転車整理人に聞きましたら目の前のBECK‘Sを教わり楽しんだ次第です。

隠居人 田口由明

前の記事へ

次の記事へ


LINEで送る