カメラのキタムラスタジオマリオカメラのキタムラ

デジカメプリント・フォトブック・カメラのことはおまかせ!

閉じる

修理人たぐちの徒然日記コラム・ギャラリー

数々の執筆経験を持つカリスマカメラ修理人・田口由明氏のカメラ修理に関するコラム。
趣味の蕎麦打ちや家庭菜園などについての話題も掲載。

プロフィールはこちらから
1948年東京生まれの団塊世代。
1966年カメラのきむらに入社、修理部に配属される。
配属後、オリンパス光学・ニコンにて修理技術研修を受ける。 カメラ修理が趣味として確立されて行く中、良き相談元として、数々の取材を受け学習研究社「カメラGET」に「修理の手引き」を執筆、その後、成文堂新光社「おとなの工作読本」に「蘇れ:名機達」の修理記事を執筆し、自ら考案した修理方法を惜しげもなく公開して、日本の文化的財産であるカメラ保存の一翼を担う。
総集編「よくわかるカメラの改造と修理」は、バイブル的存在となっている。
その後、請われて池袋東武カルチャースクールの講師となる。
緻密な銅板画を描くイギリス人画家Grahamclarkeには共鳴するところがあると言う。
杉浦日向子著の「蕎麦屋に憩う」を片手に蕎麦友と蕎麦屋通いの途中、神楽坂にある「たかさご」の店主に誘われ十割り蕎麦打ちを始める。
そして、蕎麦打ちは蕎麦作りからと、親睦会の「たかさご会」設立に伴い入会し、都下檜原村での蕎麦づくりに参加。
2007年4月、修理部閉鎖に伴い日本橋店中古売り場へ異動。
2009年4月、統合によりカメラのキタムラ日本橋店中古売り場担当として活躍する。
2010年11月、カメラのキタムラを退職し、第2の人生をスタートさせる。

2016.12.02【Vol.1405】

青根蕎麦の刈り取り

青根蕎麦の刈り取り

中央道を走るも途中からフロントガラスに潰れた水滴が数を増していきました。
旧津久井町根小屋(現・相模原市緑区)に着きましても小糠雨。気温16度。サーマルに身を包んでも肌寒さを感じます。旧津久井郡青根(現・相模原市緑区)望む山並みは山梨県で標高400mの高地になります。雨雲は山に遮られ、落葉樹は色づき始めています。

青根蕎麦の刈り取り

傾斜地の蕎麦畑。上部は伸びた木々に風が遮られ倒伏に至っていません。

青根蕎麦の刈り取り

中程より倒伏しています。倒伏するとお互いが絡み合っています。
絡み合っているのを解しながら鎌で手刈りをしますが捗らないですね。

青根蕎麦の刈り取り

刈りました蕎麦は括らずレジャーシートに乗せ斜面を滑り下ろします。

青根蕎麦の刈り取り

Hi-ACEに積み込みます。思った以上の量になり満載して根小屋へ向かいました。
残りは軽トラへ積むことが出来たのです。

青根蕎麦の刈り取り

日当たりを良くするために灌木を伐採します。

青根蕎麦の刈り取り

畑の持ち主にご挨拶とガソリンスタンドへ寄ります。このスタンドは貴重な存在なのです。
もし閉めてしまうと三ヶ木近くまで行くか?河口湖近く迄行かねばならない地域の要の補給所なのです。疲れた体と脳には有り難い甘みをご馳走になってしまいました。

青根蕎麦の刈り取り

帰り道参加しています仲間の畑でナスをいただきます。立派な樹勢で埼玉菜園のナスと比べものになりません。土地が肥えているのですね!

青根蕎麦の刈り取り

根小屋はコンバインでの刈り取りが終わっていました。
青根から運び込んで脱穀を致します。

青根蕎麦の刈り取り

黒化率も良いですね。

青根蕎麦の刈り取り

コンバインは蕎麦専用ではありませんので茎が混ざっています。
根小屋が4袋半、青根が2袋半の量で冷風乾燥させます。

青根蕎麦の刈り取り

測定器で水分含水率を測ると21.1%あり、冷風乾燥により18.0%迄落とします。
品種はどちらも常陸秋蕎麦。しかし生育環境に違いがあり、根小屋に比べると青根は昼夜の寒暖差が大きいのです。この寒暖差が風味と味わいにどのような影響を与えるか楽しみです。

隠居人 田口由明

前の記事へ

次の記事へ


LINEで送る
 
カメラのキタムラ年賀状印刷
カメラのキタムラ年賀状印刷