カメラのキタムラスタジオマリオカメラのキタムラ

デジカメプリント・フォトブック・カメラのことはおまかせ!

閉じる

修理人たぐちの徒然日記コラム・ギャラリー

数々の執筆経験を持つカリスマカメラ修理人・田口由明氏のカメラ修理に関するコラム。
趣味の蕎麦打ちや家庭菜園などについての話題も掲載。

プロフィールはこちらから
1948年東京生まれの団塊世代。
1966年カメラのきむらに入社、修理部に配属される。
配属後、オリンパス光学・ニコンにて修理技術研修を受ける。 カメラ修理が趣味として確立されて行く中、良き相談元として、数々の取材を受け学習研究社「カメラGET」に「修理の手引き」を執筆、その後、成文堂新光社「おとなの工作読本」に「蘇れ:名機達」の修理記事を執筆し、自ら考案した修理方法を惜しげもなく公開して、日本の文化的財産であるカメラ保存の一翼を担う。
総集編「よくわかるカメラの改造と修理」は、バイブル的存在となっている。
その後、請われて池袋東武カルチャースクールの講師となる。
緻密な銅板画を描くイギリス人画家Grahamclarkeには共鳴するところがあると言う。
杉浦日向子著の「蕎麦屋に憩う」を片手に蕎麦友と蕎麦屋通いの途中、神楽坂にある「たかさご」の店主に誘われ十割り蕎麦打ちを始める。
そして、蕎麦打ちは蕎麦作りからと、親睦会の「たかさご会」設立に伴い入会し、都下檜原村での蕎麦づくりに参加。
2007年4月、修理部閉鎖に伴い日本橋店中古売り場へ異動。
2009年4月、統合によりカメラのキタムラ日本橋店中古売り場担当として活躍する。
2010年11月、カメラのキタムラを退職し、第2の人生をスタートさせる。

2017.02.17【Vol.1429】

手作りリモンチェッロ

手作りリモンチェッロ

広島ブランドショップSETOUTI HIROSHIMAで色づきました安心なレモンを求めて来ました。

手作りリモンチェッロ

ヘタを切り落としピラーで果皮のみ削ぎますとやりやすかったですね。
白い部分アルベドは苦みの原因になるようです。

手作りリモンチェッロ

八重洲地下街長谷川酒店で手当てしたアルコール純度96%のSPRYTUSは扱い時火気厳禁の剣呑なお酒です。
1週間ほど果皮を漬け込み浸透圧で香りと色味を抽出します。

手作りリモンチェッロ

1週間後に使いますレモン5個分の果汁を搾り冷凍しておきます。

手作りリモンチェッロ

香りと色味を抽出された果皮は脱色されパリパリでした。

手作りリモンチェッロ

お酒は透明感でリモンチェッロらしくないのです。

手作りリモンチェッロ

其処にレモン果樹を加えますと化学変化なのでしょうね。白濁したのです。

手作りリモンチェッロ

富士山の水1リットルに甜菜グラニュー糖800gを加熱しながら溶かしシロップを作ります。

手作りリモンチェッロ

シロップが冷めましたら投入。買い置きしてありますイタリア産リモンチェッロの糖度は34度、自作は37.8度でおおむね近似値ですね。
夏場にキンキンに冷やして炭酸で割りますと美味しいですね。でも口当たりが宜しいので飲みすぎは禁物です。隠居人、ジャムの酸化防止と風味付けにも使用します。
初めて出会いましたのは新宿Iちゃんのイタリア展で結構なお値段でした。
スピリタス1,880円・広島産レモン1,400円・甜菜グラニュー糖256円・富士山の水52円材料費計3,588円が4本分に当たりますから1本当たり897円でした。

手作りリモンチェッロ

手作りリモンチェッロ

かっぱ橋迄出向き保存瓶を求めました。瓶を煮沸消毒した後漉し布で濃し詰め終わりました。チョイト瓶の数が足りませんでした。
食後に味わってみました。広島レモンの作りたてリモンチェッロはイタリア産と比べ香りと風味が豊かで、ホワイトリカーで作る果実酒と違う美味しさがありました。

隠居人 田口由明

前の記事へ

次の記事へ


LINEで送る