カメラのキタムラカメラのキタムラスタジオマリオカメラのキタムラ

カメラのキタムラはアップル製品修理の正規店です

閉じる

Apple製品の修理〜正規修理と非正規修理の違いを徹底解説|Apple製品の正規修理サービス

Apple製品が万が一故障したり、調子が悪かったりする時は「正規修理」の利用をおすすめします。正規修理とは、Apple Storeや正規サポートプロバイダを利用する修理です。
今回は、Apple製品の正規修理と非正規修理の違いや、正規修理を受ける方法、お得な価格で修理を受けられるAppleCare+について解説します。特に非正規修理は正規修理に比べるとデメリットがあるため、Apple製品の修理を検討する際には注意してください。

Apple製品の修理〜正規修理と非正規修理の違いを徹底解説

アップル製品修理サービス 正規店と非正規店のイメージ画像

Apple製品が万が一故障したり、調子が悪かったりする時は「正規修理」の利用をおすすめします。正規修理とは、Apple Storeや正規サポートプロバイダを利用する修理です。
今回は、Apple製品の正規修理と非正規修理の違いや、正規修理を受ける方法、お得な価格で修理を受けられるAppleCare+について解説します。特に非正規修理は正規修理に比べるとデメリットがあるため、Apple製品の修理を検討する際には注意してください。

Apple製品の正規修理とは

正規修理は、Appleが公式に認めている「正規サービスプロバイダ」で行われる修理のことです。日本ではApple Storeとカメラのキタムラ、その他2つの修理業者が正規サービスプロバイダとして認められています。故障したApple製品をこれらの業者で修理することで、正規修理を受けられます。

Apple製品の非正規修理とは

非正規修理とは、正規サービスプロバイダではない業者でApple製品の修理を受けることです。正規サービスプロバイダではないことから、いくつかのデメリットが生じます。

Apple製品の正規修理と非正規修理の違い

アップル製品修理サービス 正規店と非正規店のイメージ画像

正規修理と非正規修理には大きな違いがありますので、その違いについて解説しましょう。

Apple製品の正規修理の特長

正規修理を行う、Apple製品の正規サービスプロバイダには次の特長があります。

  • Appleから修理や接客のトレーニングを受けており、修理の質が高い
  • Appleから公式の修理マニュアルを提供されているため、確実な故障診断や修理ができる
  • Appleから純正品の部品が提供されている、あるいは代替品が提供されるため、修理後のApple製品を安心して使える

正規サービスプロバイダはAppleから認められた修理業者ですので、Appleからあらゆるサポートを受けています。

Apple製品の非正規修理

Apple製品の非正規修理を行う業者は、Appleから一切サポートを受けていません。そのため以下のような特徴があります。

  • Appleからマニュアルなどの提供を受けていないため、信頼性が高くないWeb上の情報や、業者の経験をもとに修理を行う可能性がある
  • Appleから純正部品の提供を受けていないため、修理後の製品の質が高くない可能性がある

正規サービスプロバイダではない非正規修理業者は、Appleからサポートを受けられません。そのため業者独自の方法でApple製品の修理を行うこととなります。本当に必要な部品を調達できないため、純正ではない部品で修理されます。

Apple製品の修理は「持ち込み修理」あるいは「配送修理」

アップル製品修理サービス 持ち込み修理と配送修理のイメージ画像

Apple製品で正規修理を受けるには、持ち込み修理と配送修理の2つの方法があることを解説します。

Apple製品の持ち込み修理について

持ち込み修理とは、正規サービスプロバイダの店舗に、故障した、あるいは不調のApple製品を持参して修理を受けることを言います。近くに正規サービスプロバイダがある方や、できるだけ早く修理を受けたい方には持ち込み修理がおすすめです。

ただし、その場で修理が完了するとは限りません。また正規サービスプロバイダが混雑していることもあるため、事前に持ち込み修理の予約をするとよいでしょう。予約はApple StoreのWebサイトでの手続きや、正規サービスプロバイダへの電話などで完了します。
また、予約時にApple製品の故障や不調の状態を伝えると、修理の進行がスムーズです。

Appleは電話やチャットによるサポートも行っているため、修理に出さずに不調が改善することもあります。修理に出す前にAppleのWebサイトからサポートを受けるのもよいでしょう。

Apple製品の配送修理について

近くに正規サービスプロバイダがない方や、故障したApple製品を持ち込む時間が無い方は、配送で修理を受けられます。

配送修理はAppleが指定する宅配業者が故障したApple製品を集荷し、Appleの修理センターに配送します。修理には通常、5〜7営業日ほどかかります。

配送修理はAppleの公式サイトから依頼できますが、配送修理の前に電話やチャットによるサポートを受けられます。サポートを受けることで故障したと思っていたApple製品が復調することもあるため、修理に出す前にサポートを受けてみるのもよいでしょう。

なお、修理にはApple IDとパスワードが必須です。また、修理時にデータが消失する可能性がありますので、修理前にはデータのバックアップを取っておくようにしましょう。

正規修理を受けるために、AppleCare+を購入するメリット

アップル製品修理サービス AppleCare+のイメージ画像

AppleCare+とは、Appleが販売している製品サポートサービスで、Apple製品についている保証が2年間延長されます。さらに、自然故障ではない画面割れや水没なども特別料金で修理が受けられるサービスです。バッテリーは診断を行った結果、消耗している場合は0円で交換できます。なお、AppleCare+はApple TV以外のすべての製品で購入することができます。

AppleCare+を購入していて、正規サービスプロバイダであるカメラのキタムラで修理する場合の一例は以下の通りです。

  • iPhoneの画面割れ:機種に関係なく一律3,400円(税抜)
  • iPhoneのバッテリー:診断して消耗している場合は0円
  • iPhoneの本体交換修理:機種に関係なく一律11,800円(税抜)

AppleCare+に加入していない場合、iPhone本体修理交換はiPhone11で43,800円(税抜)です。本体価格の半分ほどかかりますし、かなり高額です。

AppleCare+の価格は、「AppleCare+ for iPhone」の場合、iPhone11で22,800円(税抜)です。

一見、価格が高いように思われるかも知れませんが、多くの方がiPhone本体を2年〜4年の割賦払いで購入していることを考えると、数年間、iPhoneを格安料金で修理できます。AppleCare+を保険と考えて安心を買うだけでなく、万が一の損傷と出費の備えとして活用することを考えてもよいでしょう。

iPhoneのAppleCare+について解説しました。Apple TV以外のApple製品にはAppleCare+が用意されているため、Apple製品を購入する際にはAppleCare+の購入を検討してみてください。

このページに掲載されている情報は2019年12月現在のものです

iPhoneお役立ち情報一覧へ戻る


Apple製品(iPhone・iPad・Mac・AirPods・Beats)の修理は
Apple正規サービスプロバイダのカメラのキタムラへ

ご予約の方を優先対応致します。
ご予約をいただいてない場合、長時間のお待ち時間発生やお預かりでの修理対応になる事がございます。

お客さまへのご案内

カメラのキタムラ Apple製品修理カウンターでは、安全対策を実施し、営業しております。
皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。

カメラのキタムラ Apple正規修理サービスの新型コロナウイルス対策