カメラのキタムラカメラのキタムラスタジオマリオカメラのキタムラ

カメラのキタムラはアップル製品修理の正規店です

閉じる

iPhoneのバッテリー交換の値段はどれくらい?交換時期の目安も紹介|Apple製品の正規修理サービス

同じスマホを数年にわたって使用し続けていると、どうしてもバッテリーの劣化が生じるものです。それはiPhoneでも避けられず、あまりにバッテリーの持ちが悪くなると「交換」の二文字が浮かぶのではないでしょうか。しかし、気になるのが交換にかかる値段です。そこでこの記事では、iPhoneのバッテリー交換の値段について詳しく紹介します。費用面の疑問や不安を解消できる上、安心して依頼できる修理先も分かるようになるでしょう。

iPhoneの画像

iPhoneのバッテリーが劣化したら交換が必要

iPhoneを操作する手

iPhoneには高いリチウムイオン技術が使われており、従来のものより利便性も耐用性もアップしています。しかし充電式バッテリーである以上は消耗品で、「化学的経年劣化」は避けられません。化学的経年劣化とは、使用期間や充放電のサイクル、お手入れの仕方などで生じる劣化の総称です。バッテリーの劣化が激しくなると、以下のような症状が発生します。

  • フル充電してもすぐにバッテリーがなくなる
  • iPhoneが突然シャットダウンする

劣化したバッテリーは、お手入れや修理で復活するものではありません。根本的なバッテリー交換が必要です。交換するタイミングは不便さを許容できる範囲により異なりますが、快適さを取り戻すためにも、早めの交換をおすすめします。

iPhoneのバッテリー劣化状況を調べるときの手順

iPhoneのバッテリーがどのような状態にあるかを調べたいときは、以下の操作でチェック可能です。ここでは、iOS 11.3以降を搭載したiPhoneを前提としています。

    設定アプリを起動する 「バッテリー」をタップする 「バッテリーの状態」をタップする 「最大容量」に記載されている数値をチェックする

バッテリーが劣化していない場合、手順4の最大容量は「100%」です。アップルでは、フル充電サイクル(空の状態から100%まで充電し、空になるまで放電するサイクル)を500回繰り返しても、80%を維持するように設計しています。つまり、最大容量が80%未満になっていれば「消耗している」と判断できるといえます。

なお、最大容量が80%以上あるのにバッテリーの持ちが気になる場合は、iPhoneの使い方や設定に問題があるのかもしれません。iPhoneを長く・快適に使う方法は「バッテリー交換後は劣化を防ぐ使い方を意識しよう」で後述しますので、該当する方はそちらをご覧の上、お試しください。

iPhoneのバッテリー交換にかかる値段

日本円

iPhoneのバッテリーはユーザー自身で交換できるように作られていないため、Apple Storeをはじめとしたバッテリー交換を取り扱っている業者に依頼する必要があります。業者に依頼するとなると気になるのが値段です。ここからは、依頼先別にバッテリー交換の値段をご紹介します。

Apple Storeまたはアップルリペアセンター

デバイス アップル製品限定保証/AppleCare+適用時 通常価格
iPhone 12シリーズ
iPhone 11シリーズ
iPhone Xsシリーズ
iPhone XR
iPhone X
無料 9,800円
上記以外のデバイス 無料 7,500円

保証期間内のデバイスやAppleCare+に加入している場合は無料で交換できる場合があるので、まずは相談してみることをおすすめします。

アップル正規サービスプロバイダ

アップル正規サービスプロバイダは、「アップル以外の企業がアップルの認可を受けて修理サービスを提供している拠点」です。純正パーツの使用が許可されており、修理のクオリティも保証されています。

アップル正規サービスプロバイダのiPhoneの修理料金は基本的にアップル公式サービスと同等で、バッテリー交換も例外ではありません。アップルに依頼するのと同じく、安心してバッテリー交換を託せます。

非正規の修理店

非正規の修理店とは、iPhoneの修理サービスやバッテリー交換サービスを提供しているものの、アップルの認可を受けていない業者の総称です。基本的に純正パーツの取り扱いはできず、サードパーティのパーツやバッテリーを使用してサービスを提供しています。そのため、純正品より容量が多いバッテリーに交換できるところも存在します。

非正規店の修理費用はお店によってまちまちですが、アップルの正規サービスよりもやや安価な傾向です。ただし、非正規店で修理したiPhoneは、今後アップルの保証を受けられなくなる点には要注意です。また、総務省の登録修理業者でないお店で修理されたiPhoneは「技術基準適合証明(快適マーク)」から外れます。使用すると電波法違反になることも知っておきましょう。

iPhoneのバッテリーを交換するときの流れ

iPhoneのバッテリー交換を依頼する場合の一例として、カメラのキタムラにバッテリー交換をご依頼いただく流れを紹介します。

非正規の修理店で修理するメリット

  1. iPhone内のデータをバックアップする
  2. 「iPhoneを探す」機能を解除する
  3. オンラインで来店予約する
  4. 予約した店舗に行く
  5. カウンターで症状を申告して診断を受ける
  6. 内容や値段に納得したらバッテリー交換を依頼する

キタムラでは、基本的にバッテリー交換時にデータの削除は行いません。しかし、新たな不具合が発生した際などにシステムをリセットすることがあります。予期しないトラブルに備えて、事前にデータをバックアップしていただくようお願いしています。

なお、修理受付はオンライン予約なしでも承っていますが、混雑している時間帯があったり、予約ありの方でいっぱいだったりする日もあります。待ち時間を最小限にするためにも、オンライン予約してからのご来店がおすすめです。

バッテリー交換後は劣化を防ぐ使い方を意識しよう

iPhone

バッテリーを交換すれば購入時のパフォーマンスに戻りますが、交換後のバッテリーも使っているうちに劣化するのは避けられません。

しかし、使い方に注意すれば劣化スピードを抑えられます。新しいバッテリーを長持ちさせるためにも、「劣化を防ぐ使い方」を意識するのがおすすめです。具体的な使い方を4つ紹介します。

最適化されたバッテリー充電機能を使う

iOS 13以降を搭載したiPhoneには、バッテリーの寿命を延ばすのに役立つ「最適化されたバッテリー充電」という機能があります。ONにする手順は以下の通りです。

  1. 設定アプリを起動する
  2. 「バッテリー」をタップする
  3. 「バッテリーの状態」をタップする
  4. 「最適化されたバッテリー充電」をONにする

最適化されたバッテリー充電機能をONにすると、iPhoneが日々の使用状況と充電傾向を学習し、充電速度をコントロールします。利便性を損なうことなくバッテリーの寿命を延ばせるおすすめの機能です。

iOSを最新バージョンにアップデートする

iOSのバージョンが古い場合は、新しいバージョンにアップデートしましょう。最新OSにはバッテリー制御関連のアップデートが含まれていることがあるため、バッテリー持ちが良くなる可能性があります。

どのバージョンのiOSまでアップデートできるかは、iPhoneの機種によって異なります。お使いのiPhoneが対応しているものの中で最新のものにアップデートしましょう。

明るさの自動調節をONにする

ディスプレイの明るさは消費電力に直結する要素です。そこでiPhoneには、周辺環境に応じてディスプレイの明るさを自動的に調節する機能が搭載されています。以下の手順でONにできます。

  1. 設定アプリを起動する
  2. 「アクセシビリティ」をタップする
  3. 「画面表示とテキストサイズ」をタップする
  4. 「明るさの自動調節」をONにする

最適な温度帯で使用する

iPhoneは0°C~35°Cの範囲で正しく動作するように設計されているため、ここから外れる低温環境・高温環境に可能な限り置かないことが大切です。保管温度は-20°C~45°Cなので、保管場所も併せて意識しましょう。

特に35°Cを超える環境では、バッテリーに大きな負担を与える可能性があります。真夏の車内といった、熱がこもりがちな環境にiPhoneを放置することはやめましょう。

iPhoneのバッテリー交換はカメラのキタムラへ!

iPhone

iPhoneのバッテリー持ちが悪くなったときは、早めに交換して快適に使えるようにしましょう。バッテリー交換をお考えの方は、ぜひアップル製品修理サービスを提供しているお近くのカメラのキタムラにご相談ください。カメラのキタムラでは、iPhoneに関するさまざまなトラブルに対応しています。

アップル正規サービスプロバイダならではの安心サービス

カメラのキタムラでは、アップル正規サービスプロバイダとしてバッテリー交換サービスを提供しています。アップル正規サービスプロバイダは事前にアップルの認証を受けており、純正パーツを使用した修理サービスを提供可能です。

バッテリー交換作業は、アップルのトレーニングを受けた技術スタッフが担当します。安心してバッテリー交換ができる業者をお探しの方は、ぜひカメラのキタムラにご依頼ください。

保証対象のバッテリー交換は無料で対応

AppleCare+に加入しているケースや、購入から1年以内に不具合が発生してアップル製品限定保証が適用されるケースでは、無料でバッテリーを交換できます。非正規の修理店では保証対象内のデバイスでも有料になってしまうため、アップル正規サービスプロバイダであるカメラのキタムラにご依頼いただく大きなメリットのひとつです。

AppleCare+に加入済なら費用負担も抑えられるので、バッテリー持ちを良くするためにもお早めにバッテリーを交換されてはいかがでしょうか。手持ちのデバイスの保証状況はアップル公式サイトで確認可能です。

来店予約に対応していて案内がスムーズ

カメラのキタムラでは、アップル製品修理サービスを提供している全ての店舗で来店予約に対応しています。予約なしでもバッテリー交換をご依頼いただくことは可能ですが、待ち時間が長くなったり、お預かり対応になったりする可能性があります。

スムーズにバッテリー交換を済ませるためにも、お近くの店舗を探すのと同時に来店予約もご利用ください。

カメラのキタムラでiPhoneのバッテリーを交換するときの値段一覧

デバイス アップル製品限定保証/AppleCare+適用時 通常価格
iPhone X以降のデバイス
(iPhone SE 第2世代を除く)
無料 9,800円
上記以外のデバイス
(iPhone SE 第2世代はこちら)
無料 7,500円

カメラのキタムラにバッテリー交換をご依頼いただいた場合、交換料金は上記の通りです。2018年以降に発売されたiPhoneであれば、基本的に交換料金は9,800円です。

iPhone Xを除く2017年以前に発売されたデバイスとiPhone SE(第2世代)を使っている方は、7,500円とやや安価にバッテリーを交換できます。

まとめ

Apple製品修理正規サービスプロバイダ

iPhoneを使っていく上でバッテリーの劣化は避けられず、いずれは交換が必要です。iPhoneの種類によってバッテリー交換の値段は異なりますが、アップルの正規サービスであれば9,800円か7,500円で交換できます。バッテリー持ちが悪く、普段使いに支障が出ているなら、利便性を向上させるためにも早めに交換しましょう。

カメラのキタムラはアップル正規サービスプロバイダとして、純正バッテリーを使用した高品質な交換サービスを提供しています。オンライン予約を導入し、修理受付可能な全ての店舗で来店予約ができます。予約なしのお持ち込みよりも待ち時間を減らせるので、ご来店の際にはぜひご利用ください。

このページに掲載されている情報は2021年9月現在のものです
※価格は2022年8月に修正いたしました

iPhoneお役立ち情報一覧へ戻る


Apple製品(iPhone・iPad・Mac・AirPods・Beats)の修理は
Apple正規サービスプロバイダのカメラのキタムラへ

ご予約の方を優先対応致します。
ご予約をいただいてない場合、長時間のお待ち時間発生やお預かりでの修理対応になる事がございます。

お客さまへのご案内

カメラのキタムラ Apple製品修理カウンターでは、安全対策を実施し、営業しております。
皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。

カメラのキタムラ Apple正規修理サービスの新型コロナウイルス対策

来店前の注意事項

店舗にてスムーズに修理対応を行うためにiPhone・iPadなどのApple製品について、データのバックアップやAppleIDとパスワードのご確認、ご加入の各携帯電話会社の保証内容、Beats製品の修理に関してなど、来店前にご準備いただく必要のある項目をおまとめしております。必ず注意事項をご確認うえ、お近くの店舗まで来店予約を行っていただきますようお願い致します。
また、「iPhone(iPad・iPod)を探す」に関しても、修理受付時にはオフにしていただく必要があるため、あらかじめ解除方法についてご確認ください。

来店予約前の注意事項