カメラのキタムラスタジオマリオカメラのキタムラ

デジカメプリント・フォトブック・カメラのことはおまかせ!

閉じる

カメラ・スマホを通して写真を残せば、いつか思い出すきっかけになる。

  • 公式ブログ担当者
  • 2018年04月03日
  • 雑記

四月なので改めて。新年度、明けましておめでとうございます。「一年、そしてまた一年。」・・・時間がたつのは早いですね。昨日ご紹介した「ビデオテープからのDVDダビング」もそうですが、「思い出を大切に。思い出すきっかけも残したいなぁ」と思う今日この頃です。流行ってる映画の影響かも。先日観にいきました。

 

一年間、結構な枚数の写真を撮ってきました。

正確な枚数はわかりませんが、大切なライフイベントの写真から、いつのものかも分からない友人の変顔まで。スマホで撮ったものもありますし、中判のデジタルカメラで撮ったものもありますね。どんなカメラ、レンズで撮ったのかも思い出の一部。撮影環境もカメラ好きにとっては大事な情報だったりしますよね。

  

その一方で・・・

ただ振り返るばかりではなく、「一日、一日を大切に過ごしたいなぁ。」と思う日もあって、そういう時はすすんで写真を撮るようにしています。今から食べるランチメニューや、一緒にいる人と一緒に。そうすればあのころにどんなことがあったか思い出せるし、その日楽しかったこと、思ったことが長持ちする気がするんですよね。辛いこともたまにあるけど、「そんなこともあったね」ってあとで言えるくらいに楽しいことを残せばいい。何を撮ったらいいのか分からないときは、楽しんでいる人を撮ってみるのもよさそう。今日はいつになくぼんやりした内容ですが、カメラを使ったり、写真を楽しむ理由はさまざま。「写真を大切に。カメラと仲良く楽しんでいきたいですね♪」好きなカメラとは会話だってしたくなるし、ご機嫌に動いてくれるなら気を遣ってあげたくなるときもある。

 

キタムラに入社するまでは・・・

「ケータイのカメラは撮れたらそれでいい」、「画面でしか写真を見ない。」「携帯の画面も小さいから画素数もそれなりで、コンパクトなものが好き。」と携帯電話(スマホ)を選んでいたのを思い出します。入社して、いろいろなことを経験して。いま、あらためて昔の写真を見ていると、入社してからの写真はとても鮮やか。「カメラというアイテムを意識し始めたんだな。」と感じるし、使いこなせていないころの一眼の写真には思い出が詰まっていて、他の人には伝わらないであろう味がある。つい今に一生懸命になってしまうけれど、疲れたときには昔の写真を見てみるのも、悪くないですね。先日、高校の同級生から結婚式のお誘いが。高校を卒業したのは10年以上前。それ以来会っていない。その間、いろんなことがあったのに。時間が経つのは、やっぱり早い。。。 サカイ

【春カメラを探してみよう!カメラのキタムラネットショップへ】



LINEで送る