キヤノン RF85mm F2 MACRO IS STM × スナップ|鶴巻育子

鶴巻育子
キヤノン RF85mm F2 MACRO IS STM × スナップ|鶴巻育子

はじめに

 今回は単焦点・中望遠レンズのRF85mm F2 MACRO IS STMをご紹介します。85mmは、ポートレートレンズと呼ばれるくらい人物撮影では定番の焦点距離ですが、最大撮影倍率0.5倍のマクロ機能を備えた本レンズは、人物以外の撮影にも活躍すること間違いなし。開放F値はF2に抑えられたことで、コンパクトで比較的お求めやすい価格が実現しています。たくさんの写真とともに、描写力、使い心地などお伝えしたいと思います。

 

デザイン・仕様

 RFマウントの特徴である大口径・ショートバックフォーカスを生かし、小型・軽量を実現しています。全長約は90.5mm、質量約500gのコンパクトでスマートな見た目で、EOSR6とのバランスも良好。なかなか手が出せないRF85mm F1.2 L USMの質量約1,195gと比べれば、半分以上の軽さです。首にぶら下げて歩いても苦にならず、気軽に撮影する普段使いにピッタリと言えます。

 デザインもスマート。側面にフォーカスリミッター、AF/MF切替え、手ぶれ補正ON/OFFスイッチが配置され、RFレンズではおなじみのコントロールリングももちろん搭載されています。ISO感度や露出補正などの設定を割り当てられますが、今回は日差しの強い猛暑の中での撮影だったので、光と影の印象を即座に変更できるように露出補正を割り当ててみました。

 気になる点は、防塵防滴には対応していないところ。風景写真の撮影などでは注意を払う必要があります。そして、レンズフードは別売りとなっています。ゴーストやフレアの発生を防ぐためやレンズを保護するためにも付けておく方が安心ですが、ちなみに私は普段ほとんどフードをつけない派です。

 

AF

 オートフォーカスはSTMが採用されているため、USMを使い慣れている方にとっては作動音が少し気になるかもしれません。AF速度は遠距離から近距離へ即座に撮影距離が変わる際には、もどかしく感じることはありますが、スナップやポートレイト撮影をしている限りでは十分な速度と言えます。

 繰り出し式のフォーカスを採用しているので、マクロ撮影で被写体に近づく際には内筒が前方へ繰り出す仕組みとなっています。最短撮影距離が0.35mですので、被写体にぶつけるなんてことも考えづらいので撮影していても特に支障はありませんでした。

 フルタイムマニュアル機構は、オートフォースである程度目的の被写体にピントを合わせた後、フォーカスリングを回転させるとマニュアルフォーカスに切り替わり、厳密なピント調整が可能となります。被写体に寄り被写界深度を浅めに設定した撮影に便利な機能です。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO100 SS1/800 F4

 雨上がりは、植物が雫を身にまとった美しい姿を捉えることができます。繊細なフォルムの被写体は、ピントをどこに合わせるかで見え方が大きく異なってきます。オートフォーカスでピント合わせをした後、フォーカスリングを回して微調整。思い通りの絵を写し止めることができました。

 

描写

 シャープで高コントラストなキリッとした写りは、キヤノンらしさが感じられます。絞り開放時から、画面全体に高い解像の高い優れた画質を実現していて、単焦点レンズならではの爽快な描写が味わえます。
ボケについても滑らかで、特に前ボケが綺麗に感じました。玉ボケは、中央部分は綺麗な円形を保っていますが、画面隅に近づくにつれて口径食が目立っていました。目立っていましたが、個人的には自分の写真表現には支障はありません。気になる場合はF値を解放からやや絞ったり、背景の距離の調整などを行ってみましょう。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO100 SS1/4000 F2.5

 階段に座る男性にピントを合わせ、絞りF2開放で撮影。手前のボケはとても滑らかで、ピント部分のシャープさが際立ちました。緑の部分や石の素材を見ると高い解像感で鮮やかに描写されています。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO400 SS1/13 F2

 夕暮れの川辺で風に揺れる葉っぱを撮影しました。向こう岸に建つビル群の灯が玉ボケとなり、キラキラした可愛らしい雰囲気を出すことができました。
草の暗い部分から空の明るい部分まで豊かな階調で美しく写っているのが確認できます。

 

ポートレート

 ポートレートといえば、85mm。と言いつつ、私個人としては、プライベートの作品で人物を撮影する場合でも35mmを多用しています。その理由は、街スナップの延長線上で見かけた人に声をかけ、周囲の状況を入れた絵作りを心がけているため広角の方がマッチするからです。

 作品とは違う仕事での人物撮影には、やはり50mmと85mmの2本がメインになります。用途にもよって使用するレンズは異なりますが、表情をしっかり見せたい時には、85mmは欠かせません。中望遠レンズのボケ味を活かすと、しっかりと被写体が引き立ちます。さらに焦点距離の長い望遠レンズの選択もありますが、被写体との距離が離れてしまいます。

 相手がプロのモデルさんや俳優さんであれば表情を作ることは容易ですが、一般の方の場合はちょっとした表情やポージングをリクエストする必要があるため、コミュニケーションを取りやすい距離で撮影できる85mmはベストと言えます。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO100 SS1/100 F2.8

 上野公園で出会ったお洒落で品のある女性。快く撮影に応じていただけました。撮りたいと思う人との出会いは突然訪れます。咄嗟に光を読み背景を決め、立ち位置を指定して立ってもらいました。カメラを構えるとタイミングよくポーズを決めてくれたので、撮影もとてもスムーズに楽しく行うことができました。撮影させていただける方には、心から感謝です。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO100 SS1/125 F2.8

 彼女の服装や持ち物がとても素敵だったので、全身も撮らせていただきました。85mmの画角は、場所の雰囲気が程よく伝わる圧縮感で背景が整理されます。無駄な空間を作らずに、すっきりと人物を写すことができますし、会話を楽しみながら撮影できる距離感もちょうどよく、まさにポートレートにふさわしいレンズなのです。

 

ハーフマクロ撮影

 RF85mm F2 MACRO IS STMは、ハーフマクロ機能が備わっているのは嬉しいポイントです。最大撮影倍率0.5倍、最短撮影距離0.35mまで近づけます。一眼レフでも撮影を行なっていた方にはわかりやすいと思いますが、EF85mm F1.8 USMの最大撮影倍率0.13倍、最短撮影距離0.85m。数字だけでの比較でも、かなり被写体に接近できる、大きく写すことができるのが想像できると思います。

 お料理撮影やテーブルフォトでも活用できますので、普段マクロでの撮影に興味がない方にとっても何かと重宝するはずです。モデル撮影を行う際も、目元を大きく撮影したり、手の表情を捉えたりできれば、バリエーションも広がります。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO100 SS1/50 F4

 1箇所だけ黄色に変色した観葉植物。その部分にピントを合わせて最短撮影距離で撮影しました。濃い緑と暗い影が滑らかにボケて、ピント部分が浮き上がり黄色の色味や均等に並ぶ葉脈のラインが際立ちました。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO100 SS1/25 F5.6

 大好きな洋食屋さんにて。歪みが生じない中望遠レンズは、お料理撮影にもおすすめです。主役のオムライス全体をくっきりと写すために、絞りはF5.6に設定しました。ちょうど窓側の席が取れたので、サイド光で鮮やかな色を再現でき立体感も出すことができました。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO400 SS1/40 F5.6

 無駄なものが写り込まず、すっきりと画面内に被写体を収められるため、中望遠レンズは物撮りにも重宝します。靴の模様、靴紐の質感を見ると高精細で優れた描写を持っていることがわかります。

協調補正8.0段分手ぶれ補正

 本レンズ内手ぶれ補正の効果は、5段分。EOSR5、R6との組み合わせでは、最大8段分の補正が実現しています。

 特に手ぶれによって失敗しがちなマクロ撮影で、効果が発揮されます。これまでお花の撮影は、三脚を使用することが当たり前でした。三脚で撮影すれば確実ではありますが、ちょっとした角度や高さを変更するにも時間がかかってしまいます。手持ちでしたら、アングルの微調整も簡単で自由度も上がります。

 もちろん、夜景も三脚いらずで低ISO感度の高画質な描写を得ることができます。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO100 SS1/5 F11

  ビルの壁面にあった可愛らしい彫り物を発見。1/5秒で設定してみたところ、ブレずに写すことができました。いくら手ぶれ補正機能が備わっていると言っても、しっかりホールドすることは必要ですね。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO400 SS1/4 F2

 こちらはシャッタースピード1/4秒。ISO感度400で夜のスナップもノイズのない美しい描写を手に入れることができます。人物を入れて被写体ブレを利用して、動感表現を楽しみます。

 道の奥に人が歩いているところを狙っていたら、タイミング良く自転車が前を通り過ぎて行きました。写り込んでしまう偶然が、スナップ写真の醍醐味です。

 

中望遠レンズでスナップ

 中望遠は圧縮効果があるものの、肉眼で見る感覚とさほど差は感じられない自然な距離感を得られます。歪みも生じず、背景の処理がしやすい、ボケも生かすことができるなどのメリットを生かしたRF85mm F2 MACRO IS STMで撮影したスナップをご覧ください。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO100 SS1/1000 F6.3

 時々街で見かけるフォトジェニックな自由の女神像。高いビルの上に立っていることがほとんどなので、通常装着している35mmレンズでは、小さく写ってしまいます。中望遠レンズでいつもよりも大きく写せたのは嬉しい。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO100 SS1/2000 F4

 奥行きある防波堤を敢えて開放絞りF2で撮影してみました。画面のほとんどがボケて、スナップ写真と言うよりは抽象的なイメージになりました。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO100 SS1/1000 F2.2

 上野駅と言えば、中央改札真上の壁画です。丁度、屋根の隙間から陽が差し壁画の一部に当たっていました。手前にはマスクをつけて歩く人々がボケて写っています。70年変わらない上野駅の風景ですが、人々の様子や電光掲示板などを見ると時代の変化をうかがうことができます。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO100 SS1/200 F5.6

 上野駅の階段。この日は猛暑のためか晴れているのに人通りが少なく、不思議な空気感が漂っていました。歪みのない85mmの画角は、すっきり風景を切り取ることができます。さまざまな緑色が美しく再現されました。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO100 SS1/250 F4.5

 圧縮効果を狙いながら、自然な描写が得られるのは、中望遠ならでは。滑らかなボケによって、きれいに並んだ提灯が映える場面でした。

■使用機材:Canon EOS R6 + RF85mm F2 MACRO IS STM
■撮影環境:ISO100 SS1/400 F4

 ショーウィンドウに飾られていた黒いエナメルのハイヒール。ライトや街が映り込み、表情が出ていてより色っぽく感じました。マクロ機能で寄ることで、フォルムを強調させてみました。

 

最後に

 ポートレート・街スナップ・マクロ撮影と、幅広く活用できるRF85mm F2 MACRO IS STM。コンパクトでコストパフォーマンスの高い、同シリーズRF35mm F1.8 Macro IS STM、RF50mm F1.8 STMと共に、おすすめのレンズです。

 

 

■写真家:鶴巻育子
1972年、東京生まれ。広告写真、カメラ雑誌の執筆のほか、ワークショップやセミナー開催など幅広く活動。写真家として活動する傍ら、東京・目黒、写真専門ギャラリーJam Photo Gallery 主宰を務める。ライフワークでは、これまでに世界20カ国、40以上の都市を訪れ、街スナップや人物を撮影。主な写真展 Brighton-a little different(2012年、オリンパスギャラリー)、東京・オオカミの山(2013年、エプソンイメージングギャラリーエプサイト)、3[サン] (2015年、表参道スパイラルガーデン)、THE BUS(2018 年、ピクトリコギャラリー・PLACE M)、PERFECT DAY(2020年、キヤノンギャラリー銀座)など。THE BUS(2018年、自費出版)、PERFECT DAY(2020年、冬青社)、夢(2021年、Jam Books)がある。

関連記事

人気記事