スマホ(スマフォ)のお役立ちおすすめ情報サイト スマホト.jp

スマホはどこで買っても同じと思っていませんか?

メニュー

人と差がつく!ネットで売れる商品の撮り方

2015.05.12 UP

5月号売れる商品の撮り方をプロのカメラマン監修のもとレクチャーします

最近、ハンドメイド雑貨専門の通販サイトが増えています。
出品を考えている人に知っておいてほしい「ネット通販で売れるポイント」は、ずばり「写真」です。
今回は、「欲しいな」と思ってもらえる商品写真の撮影方法をご紹介します。

基本のキ! 明るく撮影する「レフ版」の使い方

室内で写真を撮る時、窓から差し込む太陽光や照明の向きによって、一方向からしか光が当たらないことがあります。
片側から光が当たると味のある写真にはなりますが、商品写真としてアイテム全体を写したい場合には不向きです。

そこで、活用したいのが「レフ版」。
カメラ用品店などに行くと発泡スチロール製のレフ版が買えますが、そこまで本格的でなくても大丈夫です。スケッチブックなどの白い紙や手鏡、アルミホイルなど、光を反射するもので代用できます。

レフ版は、光が差し込む方向と逆の位置に置きましょう。光がレフ版に反射し、アイテムの陰になっていた部分がほんわかと照らされます。

  • 太陽光や照明などの光源と逆の位置にレフ版を置くことで、陰になってしまう部分に反射した光が当たります
  • レフ版を使わなかった場合。左から光が差し込んでいるため、ポーチの右側が陰になってしまいます
  • レフ版を使った場合。影になっていた部分にも光が辺り、ポーチ全体が照らされています

作品:なみもり/さんしょううおポーチ

商品写真は「正面から撮る」が鉄則

物の写真を撮影するとき、ついつい斜め上から撮りがちではありませんか?
しかし、アイテムの全体を見せたい時は「正面」から撮りましょう。特に商品として出す場合は、どのような形なのかを写真で見せる必要があるので、正面からの写真はマスト。

特に難しい撮影法ではありません。正面から撮るだけ。
ただし、正面から撮ると背景がうるさくなることがあるので、可能であればロール紙などを背面から手前に敷き、背景全体を同じ色にできるといいでしょう。

  • 特に縦長のアイテムは斜め上から撮りがちですが、商品の全体像が伝わりづらくなってしまいます
  • 正面から撮った写真。サイズ感や形がわかりやすいですよね

作品:卯三郎の孫/ウェディングこけし洋装

正面からの写真に加えて、横・後ろからの写真や、バッグの内側などのディテールがわかる写真も用意すると、さらに全体像を掴みやすくなりますよ。
写真にバリエーションがあることで、買い手から「イメージと違った」と返却されることもなくなるでしょう。

作品:なみもり/ウシガエルのトートバッグ

アクセサリーは“透明感”“キラキラ”を強調してロマンチックに

透き通った石やガラスを使ったアクセサリーは、透明感やきらめきを生かした写真を撮影することで、商品の魅力をアピールできます。

まず、透明感を生かしたい場合は「窓際」で撮ってみましょう。
昼間、自然な外光が入ってくる場所で外を背景にすると、アクセサリーが透き通り、色が鮮やかに撮影できるんです。
簡単なテクニックですが、テーブルなどにアクセサリーを置いて撮影すると、その違いは一目瞭然。

また、アクセサリーは着用している写真を用意すると、買い手も実際に付けたときのイメージが湧きやすくなりますよ。

  • テーブルに置いて撮影した場合。色がくすみ、透明感もありません
  • 窓際で撮影した場合。美しく透き通り、ガラスの素材感が生かされた写真に

作品:ColorWorks/赤ピアス

カットが細かい宝石やラインストーンなどを撮る場合は、「懐中電灯」を使ってキラキラさせる方法もあります。
一方向から強い光を当てることで、反射が強くなり、きらめきが増しますよ。

  • 普通に撮ってもキレイですが、どこかぼんやりとした印象です
  • 懐中電灯で照らすことで、透明感やきらめきが増します。厳かな雰囲気も生まれ、ドラマチックな印象も

作品:eOe ii*/タンザナイトネックレス

「背景」の力を借りてイメージ写真もプラス

アイテムだけを写した写真は、全体像を把握するためには必要です。ただ、それだけだと寂しげな印象になってしまいます。
そこで、商品の雰囲気に寄ったイメージ写真も加えると、さらに商品の魅力が伝わりやすくなるでしょう。

たとえば、ランチョンマットやおぼんなどを敷き、その上にアイテムを乗せるだけでも雰囲気はガラッと変わります。
この時は、正面からでなくても問題ありません。全体の雰囲気や、見せたい方向性に合わせて構図を考えてみましょう。

  • トレーに乗せるだけでも雰囲気が出ますよね。使用イメージを彷彿とさせる小物をプラスするのも◎

作品:obikura/小がまぐち

ただ、背景を作り込んで行う撮影は、初心者には難易度が高いもの。
そこで活用できるのが「木の枝」です。
バッグやアクセサリーを木の枝に吊り下げるだけで、ノスタルジックでほっこりとした写真に仕上がります。

スマホで撮影する場合は、なるべく加工しないことも大切。
加工しすぎてしまうと実際の色やデザインと変わってしまうので、注意しましょう。

  • 木の枝にバッグをかけてパシャッ。電信柱などが入ると現実的な写真になってしまうので、入らない場所や角度で撮影して非日常感を演出すると◎

作品:なみもり/ウシガエルのトートバッグ

関連情報

撮影を終えて・・・

今回は売れる商品の撮り方を紹介しました。
商品として紹介する場合は、商品の全体像がわかる写真を欠かさないこと。
それ以外は大きな決まりはありませんが、着用写真など実際に使っているところをイメージできる写真があると、より「買いたい」と思ってもらえるでしょう。

また、ほかの出品者の写真を見て、研究することも大切です。
「いいな」と思う写真の共通点を探せば、きっとそこに答えがあるはずですよ。
いろいろな写真の撮り方を試してみてくださいね。
<監修カメラマン> 片桐圭さん

この記事の内容はいかがでしたでしょうか。よろしければシェアしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホト撮影How to トップへ

スマートフォン取り扱い店舗一覧

カメラのキタムラ 無料アプリ ダウンロード

閉じる