スマホ(スマフォ)のお役立ちおすすめ情報サイト スマホト.jp

スマホはどこで買っても同じと思っていませんか?

メニュー

iPhone 6sのカメラを使いこなす!

2015.12.01 UP

いまやスマホのカメラは、携帯電話とは思えないほどの高クオリティ。
そしてその中でも、群を抜いているのが「iPhone 6s」のカメラです。iPhone史上最高の1200万画素を実現し、これまでのスマホにはなかった機能も追加されているiPhone 6s。
今回は、いま注目を集めているiPhone 6sのカメラの活用術を紹介しましょう。

「iPhone 6s」と「iPhone 6」で撮り比べ

一世代前の「iPhone 6/6 Plus」のカメラは800万画素でしたが、新たに登場した「iPhone 6s/6s Plus」のカメラは1200万画素。一気に画素数が上がりました。

そこで、実際に「iPhone 6」と「iPhone 6s」で撮り比べてみました。
iPhone 6sは画素数が上がったため、細部まで鮮明に捉えられるようになりました。また、鮮明でありながら柔らかい印象に写すことができました。特に、人物を撮影すると違いが顕著に現れます。
iPhone 6では色鮮やかな写真が撮れますが、顔にかかった影も強くなってしまいます。その点、iPhone 6sではソフトな雰囲気で影もできにくく、加工アプリを使わなくても美肌に写すことができます。

  • iPhone 6で撮影した写真。色鮮やかですが、陰影も強く出ていますiPhone 6で撮影した写真。色鮮やかですが、陰影も強く出ています
  • iPhone 6sで撮影した写真。iPhone 6よりも柔らかさがありながら、細部まで鮮明に映し出されますiPhone 6sで撮影した写真。iPhone 6よりも柔らかさがありながら、細部まで鮮明に映し出されます
  • iPhone 6sでは画素数が上がったため、逆光の状態でも光の部分がボヤけず、細部までしっかり写すことができますiPhone 6sでは画素数が上がったため、逆光の状態でも光の部分がボヤけず、細部までしっかり写すことができます

写真以上にその場の雰囲気を味わえる「ライブフォト」

iPhone 6s/6s Plusで新たに搭載された面白い機能といえば「ライブフォト(Live Photos)」。このモードで撮影をすると、シャッターを切った瞬間の前後3秒間の映像や音声も保存することができちゃいます。
動画ほど長くは撮れませんが、静止画だけでは伝わらない雰囲気が伝えられる、新たな思い出の残し方といえます。

映像として残せるので、「はいチーズ」と撮る記念写真よりも、被写体が動いている最中を撮影すると面白く仕上がります。
シャッターボタンを押す前の1.5秒と、押した後の1.5秒の計3秒間が映像として保存されるので、撮るタイミングが重要です。例えばジャンプしている写真を撮るとしたら、ジャンプして一番高い位置にいる時にシャッターボタンを押すとちょうどいいでしょう。
人物だけでなく、湯気の立った鍋やロウソクが揺らめくバースデーケーキなど、動きのある料理を撮影すると、その場の雰囲気が残しやすくなります。動いている電車などを撮影するのも面白そうですよね。

今回はブランコに乗っている様子や、ジャンプした瞬間をライブフォトに収めました

  • ライブフォトは「写真」から見られます。写真を表示し、画面を強めに押すと映像が再生されます

ライブフォト撮影の注意点は、カメラを動かさないこと。
3秒という短い時間の中でガチャガチャ動かしてしまうと、メインとなる被写体が目立たず、落ち着きのない映像になってしまいます。
ライブフォトを撮る時は、脇を絞めてiPhoneを持ち、グラつかないようにしましょう。柵などがあれば、その上にスマホを置いて撮ると失敗しにくいです。また、シャッターを押した後、すぐに動かしてしまわないように注意しましょう。

進化した「インカメラ」で自撮りのクオリティもUP!!

iPhone 6では120万画素だったインカメラも、iPhone 6s/6s Plusでは500万画素まで解像度が上がりました。

そして、最大の特徴といえるのが、画面が光ってフラッシュになる「Retina Flash」が搭載されたこと。このフラッシュは自撮りに特化しているんです。
背面側のカメラについているフラッシュは1つのLED電球が光る“点光源”のため、光は強いのですが、影ができたり肌がテカったりしがちです。しかし、「Retina Flash」は画面全体が光る“面光源”なので、光が柔らかく顔をふんわりと照らしてくれるのです。
室内や夜など、薄暗い場所で自撮りする時に重宝するでしょう。

  • iPhone 6での自撮り。自然ですが、暗さと顔にかかった影が気になります
  • iPhone 6sでの自撮り。「Retina Flash」の自然な光で、顔が明るく映りました。瞳に光が映り込むので、生き生きした印象です

<監修カメラマン>高橋定敬さん

  • 掲載されている製品・サービスは、2015-12-01 現在の情報になります。
  • スペック情報、価格は万全な保障を致しかねます。詳細については、各メーカーにお問い合わせください。

この記事の内容はいかがでしたでしょうか。よろしければシェアしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホトライフを楽しもう トップへ

スマートフォン取り扱い店舗一覧

カメラのキタムラ 無料アプリ ダウンロード

閉じる