スマホ(スマフォ)のお役立ちおすすめ情報サイト スマホト.jp

スマホはどこで買っても同じと思っていませんか?

メニュー

Vol.10(後編)お笑いタレント おかもとまりさん

2012.09.18 UP

有名人のみなさんは、普段どんな風にスマートフォンを使い、どんなスマホトを撮っているのでしょう? スマホ活用法から、いつもは見られない素顔にまで迫っちゃいます。

前回に引き続きご登場いただいたのは、お笑いタレントのおかもとまりさん。一眼レフで写真を撮るのが大好きなおかもとさんの、「カメラマン魂」をお聞きしました!

欲張りだから、胸も太ももも全部入れたくなっちゃう!

――前編で、一眼レフで女の子のポートレートを撮影するのが好きだと仰っていました。ずばり、「カメラマン・おかもとまり」のこだわりは?

「グラビアアイドルの子を撮影するときは、胸の谷間がちゃんと一枚の写真の中に収まっているかどうかにこだわります。顔があって、谷間が見えているか…とか。全身を撮るときは、太ももや脚がしっかり見えているかどうかもチェックしますね。一枚の中に胸だけではなくて、脚も写っていたら、なんとなくお得感がありません?(笑) 私は欲張りなので、胸と脚は一緒に入れたいって思っちゃうんです! でもカメラマンさんには、『ときどきシンプルな写真も必要なんだよ』って言われました。でもでも、どうしてもすべて詰め込みたくなっちゃうんですよね…(笑)」

――撮ることに目覚めたきっかけはなんだったのですか?

「自分がグラビアのお仕事をはじめたときからですね。『撮られるよりも撮るほうが好きだなあ』という感覚はずっとあって、自分が撮られる立場になったときに、『撮りたい!』という願望が広がりました。もちろん、撮られるのも嫌いじゃないですよ!? 技術はまだまだですけど、番組で撮影をするとき、その場で覚える感じでカメラの勉強をしています」

――もともとアイドルの写真集を見るのが好きだったり?

「大好きです! モデルさんがよく出しているようなフォトブックを見るのも好きですね。私もああいう素敵な写真を撮れるようになりたいです。自分が撮ったグラビアの写真を、『私、こんなにキレイに撮れてる!』『こんなにセクシーに撮れてる! スゴい!』とか、撮影者としての自分を褒めるのがすごく好きなんです!(笑) 被写体の子がかわいく写っていると嬉しいし、その子のファンが写真を見て喜んでくれたら、本当にありがたいですよね」

おかもとさんのオフィシャルブログ「おかもと部」に掲載されているものまねメイク。左が鳥居みゆきさんで右がAKB48の大島優子さん。に、似てる!! メイクの手順も細かく解説してくれています!

ものまねメイクは撮影に時間がかかる?

――おかもとさんはブログで定期的に、メイクと表情で有名人になりきる「ものまねメイク」を公開されていますよね。あのメイクはご自分で?

「はい、自分でやっています。自分でメイクして自宅で撮影しているので、よく見ると背景にドアなどが写り込んでいます(笑)。もともと化粧品が好きで、実は私、自分の化粧品を作りたいという夢があるんです。そのためにメイクスクールに通ってお化粧の勉強もしました。スザンヌさんや鳥居みゆきさんのものまねをするとき、自分でメイクをしているんですけど、『あ、メイクでスザンヌさんや鳥居みゆきさんになれるなら、ほかの人にもなれるかも!』と思ってはじめたのが、ものまねメイクなんです」

――ものまねのためにメイクスクールに通うというのはすごいですね! メイクの所要時間はどれぐらいなんですか?

「最近は特徴を捉えるコツがわかってきたので、15分ぐらいで作れるようになりました。撮影のほうが時間がかかります(笑)。30分以上かかるときもあります」

――撮影のコツは?

「シャープな輪郭の方のものまねメイクをするときは、髪の毛で顔の輪郭を隠して、ちょっと斜め上から撮るとイイ感じになります。逆に顔がふくよかな方のまねをするときは、下から撮ると、それっぽくなります。あと、蛍光灯の真下で撮ると光の加減が絶妙になります。アイドルの子が自分撮りをするときも、よく楽屋で蛍光灯を探していますよ(笑)」

――自分撮りの参考になります! ご自分で化粧品を作りたいとのことでしたが、どんなものを作りたいですか?

「薄くて軽くて、持ち運びしやすいパッケージの化粧品を作りたいです! 化粧品を買うとき、好みの色とかすごく素材がいいのに、ケースが重たくて携帯しづらいものってあるじゃないですか? 私、それで買わなくなっちゃったものがけっこうあるんです。だから、軽くていいものを作りたいなぁって。実用性重視の化粧品を、自分のブランドで作るのが夢です!」

あとがき

写真好きのおかもとさんは、撮った写真のフォルダ分けもしっかりしているそう。「写真ではないけど、『クックパッド』のアプリでお気に入りのレシピがあると、その画面をキャプチャしてフォルダに分けて、料理本みたいにまとめています。検索する手間が省けて便利です!」(おかもと)。スマホ使いが上手なおかもとさんでした!

プロフィール

1989年12月13日生まれ。群馬県出身。広末涼子似のものまね女芸人として注目を集め、以来、多方面で活躍中。“もしもの空想ものまね”という、声・顔マネを同時にする芸が代表的で、レパートリーは広末涼子のほか、関根麻里、松野明美、上野樹里など多数。

オフィシャルブログ「おかもと部」
http://ameblo.jp/mari-okamoto/

この記事の内容はいかがでしたでしょうか。よろしければシェアしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホトワタシ トップへ

スマートフォン取り扱い店舗一覧

カメラのキタムラ 無料アプリ ダウンロード

閉じる