スマホ(スマフォ)のお役立ちおすすめ情報サイト スマホト.jp

スマホはどこで買っても同じと思っていませんか?

メニュー

「写真ホーダイSIM」を使ってみた!

2015.07.07 UP

カメラのキタムラから「写真ホーダイSIM」というMVNOサービスが誕生! オリジナルのSIMカード「写真ホーダイSIM」でパケット通信料が気になる写真プリントの注文も、データ量を気にせず使えるんです。 今回は、新サービスの使用感をレポートします!

データ量無制限で写真プリントを注文!

そもそもSIMカードとは、スマートフォンやタブレットが通信をするために必要なICカードのこと。 「写真ホーダイSIM」が挿し込まれていることで、Wi-Fiがなくてもネット通信ができるというわけです。
そして、「写真ホーダイSIM」は1日167MBまでLTEの高速通信を利用でき、毎月の利用料が格安の1,600円!

そしてキタムラのウェブサイトやキタムラのアプリに関しては、通信量がカウントされません。つまり、パケット通信料無制限で使えるというわけです。例えばアプリからプリント注文ができる「プリント直行便」。画像を見返しながら選んだり、写真データを送ったりする際にかかるデータ量を気にせずに使えるのは、大きなメリットですよね。
ちなみに、キタムラのアプリは前述の「プリント直行便」、フォトブックが作れるアプリ「イヤーアルバム」、「フォト本」、写真をクラウド(インターネット上)に保存しておける「マイフォトボックス」…etc.といったサービスが用意されています。

写真データをネット上に送るアプリもさくさくスムーズ

まずは「プリント直行便」を実際に使ってみました。
タブレットに入っている写真のなかから、印刷する写真を選ぶのですが、写真の表示がとにかくスムーズ。そのため、サクサク見返せます。
通信無制限なので、多くの写真を振り返っても、通信制限に引っかかることはありません。

「写真ホーダイSIM」が本領を発揮するアプリが「マイフォトボックス」でしょう。

写真をインターネット上のキタムラのサーバーに保管できるサービスなのですが、タブレット内の写真データをインターネットを介して送るため、どうしても通信量が多くなってしまうのです。

しかし、「写真ホーダイSIM」なら、たくさん送っても通信無制限だから問題ありません。心配事がなくなることで、サービスも使ってみようと思いますよね。
ちなみに、データを送る速度も素早く、あっという間に完了しました。

  • 掲載されている製品・サービスは、2016-02-26 現在の情報になります。
  • スペック情報、価格は万全な保障を致しかねます。詳細については、各メーカーにお問い合わせください。

この記事の内容はいかがでしたでしょうか。よろしければシェアしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホトピックス トップへ

スマートフォン取り扱い店舗一覧

カメラのキタムラ 無料アプリ ダウンロード

閉じる