スマホ(スマフォ)のお役立ちおすすめ情報サイト スマホト.jp

スマホはどこで買っても同じと思っていませんか?

メニュー

iPhone修理・Apple製品系コラム

Apple製品(iPhone、Mac、AirPodsなど)の修理は正規店がおすすめです

思い出レスキュー系コラム

写真・ビデオのダビング、デジタル化、データ保存・復元サービス「思い出レスキュー」

こども写真館・写真スタジオ リンク

世田谷・二子玉川周辺のこども写真館

スマホの電池を長くもたせるには?

2013.03.12 UP

インターネットで調べものをしたり、ゲームアプリで時間をつぶしたりしているうちに、電源が切れてしまった!!
そんな経験のある人も、多いのではないでしょうか。
今回は、「電池の減りが早い」というスマートフォンならではの悩みを解消する、賢い使い方をご紹介しましょう。

まずは不要なセンサーやデバイスを無効にすべし!

スマートフォンが、従来の携帯電話に比べて電池の減りが早い理由は、豊富な機能やセンサーが搭載されているから。
たとえば、スマートフォンにはWi-FiやBluetoothなど、携帯電話にはなかった機能が搭載されていますよね。

これらの機能は、使用していないつもりでも勝手に動いていることがあります。
そして動いている間中、ずっと電池を消耗するため、減りが早くなってしまうんです。
それを防ぐためにも、「使っていない機能を無効にする」ことが大事。

Androidの場合

機種にもよりますが、一般的には、「設定」アイコンからWi-FiやBluetooth、GPSの有効・無効の切り替えができます。もしくは、ホーム画面のアイコンがない場所で長押しし、「ウィジェット」をタップしてから、「Androidウィジェット」で「電源管理」を選ぶと、電源管理ウィジェットをホームに設置し、同様の切り替えが可能になります。

Androidでは、ディスプレイの上から下にスワイプすると、電源管理ボタンが出てくる場合も。ウィジェットと同じく、タップするだけで有効・無効を切り替えられます

iPhoneの場合

「設定」からWi-Fiや「位置情報サービス」をオフにすれば、無効にできます。

使うときに有効にし、使わないときは無効にする。
これだけでも、電池の消耗は抑えられますよ。

使っていないアプリもしっかり無効化!

機能に続いて、電池消耗の原因になりがちなのが「アプリ」。
皆さんは、アプリを起動した後に、きちんと停止させていますか?
停止しないと、起動したままずっと動き続け、知らない間に電池を消耗してしまうことがよくあるんです。

これを防ぐ方法は簡単。
Androidなら機種によりますがホームボタンを長押し、iPhoneならホームボタンを2度押しすることで、起動中のアプリが一覧で表示されます。
あとは、それぞれを選んで停止させていけばOK。

Androidの場合、ホーム画面のウィジェットを増やしすぎるのも禁物。
電源を入れるたびにウィジェットが動き始め、電池を消耗してしまいます。

アプリもウィジェットも必要最低限に抑えることで、電池の持ちがよくなりますよ。

iPhoneでホームボタンを2度押しすると、起動中のアプリの一覧が下段に表示されます。この状態でアイコンを長押しすると、アイコンの左上に「-」ボタンが出てくるので、ここをタップすればアプリを停止できます

「充電」の仕方でバッテリーの寿命も変化する!?

使用中のケアも大切ですが、電池を長くもたせるためには、充電の方法にも注意が必要です。バッテリーを劣化させたり、電池を消耗させないよう、下記の3点に気をつけましょう。

100%になったら充電をやめる

電池が100%を過ぎても、充電し続けることを過充電といいます。
この状態で放置しておくと、バッテリーは劣化してしまうので、充電が完了したら、なるべく早めにACアダプターやモバイルバッテリーから外しましょう。

頻繁に充電しない

スマートフォンに使われているバッテリーは、放電(電池が消耗すること)と充電を繰り返すことで劣化していきます。
つまり、「残り半分になったから、念のために充電しておこう」と、頻繁に充電すればするほど、劣化しやすいということです。
ベストはすべて使い切ってからのフル充電ですが、毎日行うのは難しいので、20%以下程度に消耗したら充電し始め、満タンになるまで待つといいでしょう。

充電中は使用しない

充電しながら、スマートフォンを使うのはおすすめできません。
充電と起動を同時に行うと、バッテリーは熱を持ちやすくなり、発熱状態が長く続くと、電池の劣化につながってしまうからです。
充電時は、なるべく触らないようにしましょう。

充電して100%になったまま放置してしまうことって、よくありますよね。こんなときは、たとえば、「SYS Activity Manager」(iPhone専用)や「Battery Doctor」(Android用)など、フル充電になったことを知らせてくれるアプリを使うのも、ひとつの手ですよ

あとがき

今回は、電池の消耗を抑え、長く使えるようにするテクニックを紹介しました。
知らずに使っていた方も、多かったのではないでしょうか?
せっかく手に入れたスマートフォンですから、バッテリーを大事にして、大切に使ってあげましょう♪

  • 掲載されている製品・サービスは、2013-03-25 現在の情報になります。
  • スペック情報、価格は万全な保障を致しかねます。詳細については、各メーカーにお問い合わせください。

この記事の内容はいかがでしたでしょうか。よろしければシェアしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホトピックス トップへ

スマートフォン取り扱い店舗一覧

カメラのキタムラ 無料アプリ ダウンロード

閉じる