スマホ(スマフォ)のお役立ちおすすめ情報サイト スマホト.jp

スマホはどこで買っても同じと思っていませんか?

メニュー

合わせ鏡の中にずっと映り続けるような無限に繰り返す写真を簡単に作れるアプリ!「HyperDroste」

2015.12.17 UP

HyperDroste

  • iPhone
  • iPad

¥無料

合わせ鏡の中にずっと続く像や、テレビの中にそのテレビが映っていて、さらにその中のテレビにはまたテレビが映っていて……というように、無限に続く画像のことを「ドロステ効果」と呼ぶのですが、今回ご紹介する「HyperDroste」はそのドロステ効果の画像を簡単に作ることのできるおもしろいアプリです!

こんな時にオススメ
  • おもしろ写真
  • 写真を合成
カテゴリ 写真/ビデオ
更新 2015.12.08
サイズ 12.3MB
言語 英語
販売業者 Pavlos Mavridis
© 2014 Pavlos Mavridis
条件 iOS 7.1 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。

アプリをダウンロード

撮影した写真が「ドロステ効果」で無限ループ!

アプリを起動すると、このアプリで撮影した画像のGIFアニメーションのサンプルが表示されます。ぐるぐると続く無限画像、おもしろいですね!それではさっそく作ってみましょう。
その場で撮影した写真を使いたいときは画面下部のカメラボタンを、スマートフォンに保存されている写真を使うときは画面左下のギャラリーボタンを、iCloudに保存されている写真を使うときは画面右下のフォルダボタンをタップします。

カメラボタンをタップすると、カメラが起動するので、シャッターボタンをタップして撮影しましょう。撮影した画像は、[Animation]画面に表示され、動きのあるアニメーションに変換されます。今回は時計の写真を撮影してみたところ、ぐるぐると渦を巻くように奥に吸い込まれていくアニメーションができました。ずっと見ているとくらくらしてしまいますね!

自動で作られたアニメーションの動きを、自分で調整していくことができます。スライダーを左右に動かすと、アニメーションの速度を変えることができます。左側にスライドすると動きが遅くなり、右側に動かすと速くなります。[Parallax]をタップするとスマートフォンを動かしたときに動きが変わる3Dのような効果が加わります。[invert]をタップすると渦の動きが反転し、奥に吸い込まれていく動きから手前に迫ってくる動きに変わります。

次に、画面下部の[FX Gallery]をタップすると、9種類の効果の一覧が表示されます。特に効果名は見当たりませんでしたが、繰り返しの円、右巻きの渦巻き、右巻き左巻きの渦などがあります。画面上部の[One Pole]では渦が1つ、[Two Poles]をタップすると渦が2つになります。

  • ぐるぐると無限にループしています!
  • ぐるぐると無限にループしています!

ぐるぐると無限にループしています!

ドロステ効果の位置やサイズ、境界線も好みに調整!

画面下部のメニュー[Shape]をタップすると、ドロステ効果の位置やサイズを調整できます。右下の[Center]を選択した状態でスライダーを左右に動かすと、繰り返しの大きさを変えられます。左下のサムネイルに表示されている赤い円をタップしながら動かすと、繰り返しの効果を付ける位置を変えられます。時計の中心が繰り返すように調整したり、あえて位置をずらしてみたりと、実際の動きを見ながら好みで調整してみてください。

画面上部の[Circle]をタップすると渦巻き/円形に、[Rectangle]をタップすると長方形に、[AlphaMask]をタップすると塗りつぶした形に、繰り返しの形を変えることができます。

画面下部のメニュー[Outline]では、境界線の色を変えることができます。境界線を無くすと、合わせ鏡に無限に映っているような様子になりますし、かすれたような境界線を選ぶと幻想的な印象になりますね。被写体の雰囲気に合わせていろいろな境界線を試してみてください。

  • ループの位置や境界線によって雰囲気が変わります!
  • ループの位置や境界線によって雰囲気が変わります!

ループの位置や境界線によって雰囲気が変わります!

無限ループする不思議な画像ができました!

[Shape]や[Outline]を調整したら、もう一度[Animation][FX Gallery]を確認してみると、また違った動きになっていてとてもおもしろいので、納得の行く画像になるまで何度も調整を繰り返すことをオススメします。気に入った画像ができたら、画面右上の保存ボタンをタップしてください。

保存する画像の設定画面が表示されます。保存方法は、[Export Video(動画で保存)][Export Animated GIF(GIFアニメーションで保存)][Export Still Image(画像で保存)][Keep in Favorites(アプリ内のお気に入りに保存)]から選ぶことができます。動画で保存したいときは、画面上部の[Exported Video Duration]で、繰り返しの秒数(回数)を調整しましょう。

保存後は、共有・保存メニューが表示され、メールやTwitter、Facebookなどに投稿することができます。スマートフォンに保存するときは[Save Image]をタップしてください。

完成した画像を見てみましょう。今回はGIFアニメーションで保存しました。何の変哲もない壁掛け時計の写真が、奥へ奥へ無限に繰り返し吸い込まれていく不思議なGIFアニメーションになりました!

普通のカメラではなかなか再現できない「ドロステ効果」の画像を簡単に作ることのできるアプリ「HyperDroste」で不思議な画像をたくさん作ってみてくださいね♪

  • つい見入ってしまう不思議な画像ができました!
  • つい見入ってしまう不思議な画像ができました!

つい見入ってしまう不思議な画像ができました!

アプリをダウンロード

  • アプリ情報は掲載時のものです。
  • アプリの使用は自己責任でお願いします。
  • 価格はすべて税込です。

この記事の内容はいかがでしたでしょうか。よろしければシェアしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

撮って楽しいカメラアプリ トップへ

スマートフォン取り扱い店舗一覧

カメラのキタムラ 無料アプリ ダウンロード

閉じる