スマホ(スマフォ)のお役立ちおすすめ情報サイト スマホト.jp

スマホはどこで買っても同じと思っていませんか?

メニュー

本物のカメラのような画面で楽しく撮影できるトイカメラアプリ!「Hipstamatic」

2014.03.06 UP

Hipstamatic

  • アイフォン
  • アイパッド

¥200

「スマートフォンのカメラアプリは何か物足りない……」と感じているカメラファンの方におすすめしたいのが、見た目も操作も本物のようなカメラアプリ「Hipstamatic」です。「Hipstamatic」は、本物のカメラのようなインターフェイスが魅力的。実際にカメラを構えているような気持ちになれるんです。また、レンズ・フィルム・フラッシュを変えることで、いろいろな組み合わせによる写真を撮ることができます!

こんな時にオススメ
  • 撮影効果
  • レトロ写真
カテゴリ 写真/ビデオ
更新 2013.11.02
サイズ 39.1MB
言語 日本語、イタリア語、インドネシア語、オランダ語、スウェーデン語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、マレー語、ロシア語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語、韓国語
販売業者 Hipstamatic, LLC
© 2009-2013 Hipstamatic, LLC
条件 iOS 6.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み

アプリをダウンロード

まずはレンズと撮影サイズを選びましょう!

「Hipstamatic」は、撮影する際にエフェクト効果を付けられるアプリです。スマートフォンに保存されている写真を後から加工することはできません。撮影時の一発勝負なので、場所や構図、撮影に使うエフェクト選択にはこだわりましょう!

アプリを起動すると、カメラの背面をイメージした撮影画面が表示されます。ファインダーの部分をピンチアウトまたはダブルタップすると、ファインダーを全画面に拡大表示することができます。また、ファインダーの中を長押しすることで、フォーカスを調整することもできます。ファインダー下のスイッチは、三段階のフラッシュ設定です。スイッチを左に合わせるとアプリで設定したフラッシュが適用されます。真ん中がフラッシュオフ、右に合わせるとスマートフォン端末のフラッシュが光ります。画面右側の黄色いボタンがシャッターです。左側にチラっと見えているのがフィルムです。後でご説明しますが、この部分をタップするとフィルムを選択することができます。

画面右下の矢印ボタンをタップすると、表示されているファインダーがクルッとひっくり返り、カメラの前面のレンズ部分が表示されます。カメラの正面と裏面を切り替えるイメージですね。この画面では、フィルム・フラッシュ・レンズの切り替え、追加セットの購入などができます。

まずはレンズと撮影サイズを変更してみましょう。表示されているレンズを左右にスワイプすると、レンズを切り替えることができます。最初に用意されているレンズは、[Jane] [John S] [Jimmy] [Kaimal Mark II] [Buckhorst H1]の5種類です。レンズをタップすると、そのレンズの特徴やサンプル写真が表示されます(説明文は英語)。

各レンズの左側には撮影サイズを調整するレバーが付いています。このレバーは上から高品質・中品質・標準品質です。機種によって撮影サイズが異なるようですが、iPhone4S(iOS7.04)の場合は、高品質が2448×2448px、中品質が1936×1936px・標準品質が640×640pxでした。大きいサイズは画質が綺麗である反面、保存に時間がかかりますので、印刷用は高品質、Webでの使用は標準品質など、利用目的に合わせてサイズを選んでくださいね。

  • 本物のカメラのようなインターフェイス!
  • 本物のカメラのようなインターフェイス!

本物のカメラのようなインターフェイス!

レンズ・フラッシュ・フィルムを組み合わせて撮影!

次は、画面下部のメニュー一番左のフィルムボタンをタップしてみましょう。フィルムは、上下にスワイプすることで[Blanko] [Ina's 1969] [Ina's 1982] [Kodot XGrizzled]の4種類から選択できます。フィルムをタップすると、レンズと同様、特徴の説明とサンプル写真が表示されます。
フィルムボタンの右隣が、フラッシュの選択画面です。左右にスワイプして、[Standard] [Dreampop] [Cherry Shine]の3種類から選択することができます。フラッシュをタップすると、レンズ・フィルムと同様に、特徴の説明とサンプル写真が表示されます。

さらに、フラッシュボタンの右隣のカメラボタンをタップすると、カメラの外観(ケース)を変更することができます。最初に用意されているのは[Classic Black]のみとなっています。レンズ・フィルム・フラッシュ・カメラケースは、追加パック(各¥100)を購入することで種類を増やすことができます。「Hipstamatic」が気に入ったら、追加してみてくださいね。

レンズ・フィルム・フラッシュを組み合わせて設定したら、ファインダー画面に戻って、撮影しましょう。画面左下に撮影した枚数が表示され、一番左のサムネイルボタンをタップすると、アプリ内のアルバムが表示されます。撮影した写真がある場合は、アルバムを表示する際に保存されるので、高品質の写真は表示されるまで少し時間がかかります。

  • フィルムやフラッシュの選択も本物みたいですね!
  • フィルムやフラッシュの選択も本物みたいですね!

フィルムやフラッシュの選択も本物みたいですね!

撮影した写真は各種SNSへ共有!

アルバムに保存された写真をタップすると、写真がアップで表示されます。画面左上のボタンをタップすると、撮影日・撮影に使用したレンズ・フィルム・フラッシュの名前が表示されます。この写真で使った組み合わせが気に入った場合は、詳細表示の下のカメラボタンをタップすると、お気に入りに設定して、次回からこの組み合わせをすぐに呼び出して使えるようになります。

画面右上が共有ボタンです。タップすると、共有画面が表示されるので、コメントを記入して、Facebook・Twitter・Instagram・Tumblrなど、共有したいSNSを選択して、共有しましょう。保存した写真がイマイチだった場合は、画面左下のゴミ箱ボタンで削除できます。

レンズ・フィルム・フラッシュを好きなように組み合わせて、自分好みの写真が撮れるアプリですが、組み合わせがたくさんありすぎて悩んでしまいますね。そんなときは、スマートフォン本体を振ってみてください。本体をシェイクすると、アプリがレンズ・フィルム・フラッシュをランダムに組み合わせて設定してくれます。何度か試してみると、好みの組み合わせに偶然出会えるかもしれません。

なお、基本的な設定は、アプリ内ではなく、スマートフォンの[設定]から行います。[設定]→アプリ名「Hipstamatic」をタップし、設定画面を開きましょう。[ビューファインダーモード]では、ファインダーで見える範囲よりも広い範囲を撮影できる[クラシック]と、見える範囲をそのまま撮影する[正確なフレーミング]を選択できます。本体を振ることによるランダム機能のON/OFFや、写真を自動的に保存する設定などもこちらの画面で行ってください。

最初に用意されているレンズ・フィルム・フラッシュだけでも、たくさんの組み合わせを楽しむことができます。保存した写真を後から加工することができないので、まったく同じ写真での比較画像をご紹介できないのが残念ですが、下の写真のように、組み合わせによって雰囲気の異なる写真を撮影することができました。
本物のカメラのようなインターフェイスも遊び心があって楽しいアプリです。ぜひお試し下さい!

  • レンズやフィルムの組み合わせで違った効果を楽しめます!
  • レンズやフィルムの組み合わせで違った効果を楽しめます!

レンズやフィルムの組み合わせで違った効果を楽しめます!

アプリをダウンロード

  • アプリ情報は掲載時のものです。
  • アプリの使用は自己責任でお願いします。
  • 価格はすべて税込です。

この記事の内容はいかがでしたでしょうか。よろしければシェアしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

撮って楽しいカメラアプリ トップへ

iPhone修理・Mac修理・Apple製品系コラム

Apple製品(iPhone、Mac、AirPodsなど)の修理は正規店がおすすめです

思い出レスキュー系コラム

写真・ビデオテープのダビング、デジタル化、データ保存・復元サービス「思い出レスキュー」

スマートフォン取り扱い店舗一覧

カメラのキタムラ 無料アプリ ダウンロード

閉じる