カメラのキタムラスタジオマリオカメラのキタムラ

デジカメプリント・フォトブック・カメラのことはおまかせ!

閉じる

【iPhone】緊急SOSの機能と使い方3つのポイント|Apple製品の正規修理サービス

警察や消防に連絡をするので気軽に使える機能ではありませんが、
身の安全を守る必要のある緊急の場合には役に立つ機能ですね。

今回はこの緊急SOSについて説明いたします。

【iPhone】iOS11から緊急SOSが搭載

みなさんこんにちは。
カメラのキタムラ アップル製品サービスの桑原と申します。

iOS11から緊急SOSが搭載されましたね。

緊急SOSは、iPhoneがロックされていても簡単な操作で警察や消防署、海上保安庁に自動発信してくれる機能です。
さらに予め緊急連絡先として登録していた電話番号にも自動的に発信してくれ、
通話が終わると、自動的にiPhoneの位置情報をテキストメッセージで連絡先に送り続けてくれます。

警察や消防に連絡をするので気軽に使える機能ではありませんが、
身の安全を守る必要のある緊急の場合には役に立つ機能ですね。

今回はこの緊急SOSについて説明いたします。

1.緊急SOSの使い方と機能

iPhoneのスリープボタンを素早く5回押す事で警告音が鳴り、
119や110などの緊急通報用の電話番号に発信します。
同時に位置情報を発信先に送られるのでどこにいるかが相手にわかります。

緊急SOSの使い方

2.緊急SOSの設定方法

「設定」⇒「緊急SOS」⇒「自動通報」+「カウントダウンで音を出す」
から設定できます。

緊急SOSの使い方

3.緊急SOSの指定連絡先を登録する

「ヘルスケア」のアプリを起動させ、「メディカルID」をタップします。

「編集」⇒「緊急連絡先を追加」をタップして緊急連絡先と続柄を登録します。

緊急連絡先は複数登録することができます。

アプリごとのバッテリー消費量を確認する

4.指定連絡先へのテキストメッセージ

緊急SOSは電話が終わると指定の緊急連絡先に現在地を知らせるテキストメッセージを送信してくれます。

位置情報は、通報時にオンになるので普段はオフにしていてもかまいません。

iPhoneお役立ち情報一覧へ戻る


Apple製品(iPhone・iPad・Mac・AirPods・Beats)の修理は
Apple正規サービスプロバイダのカメラのキタムラへ

ご予約の方を優先対応致します。
ご予約をいただいてない場合、長時間のお待ち時間発生やお預かりでの修理対応になる事がございます。