カメラのキタムラスタジオマリオカメラのキタムラ

デジカメプリント・フォトブック・カメラのことはおまかせ!

閉じる

【iPhone】バッテリーの減りが早いなと感じた時にチェックする3つのポイント|Apple製品の正規修理サービス

今回はバッテリーを長持ちさせる3つの方法をご紹介します。
iPhoneのバッテリーの減りが気になった時に試してみて下さい。

【iPhone】バッテリーの減りが気になったら

みなさんこんにちは。
カメラのキタムラ アップル製品サービスの桑原と申します。

みなさんの中にはバッテリーが気になり思う存分iPhoneを使うことが出来ない、、、
などお悩みをお持ちの方はいらっしゃるのではないでしょうか。
中にはモバイルバッテリーを持ち歩いているという方もいらっしゃるかと思います。

今回はバッテリーを長持ちさせる3つの方法をご紹介します。
iPhoneのバッテリーの減りが気になった時に試してみて下さい。

1.アプリごとのバッテリー消費量を確認する

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるためにはどのアプリで電池を消耗しているかを知る事が非常に重要です。 「設定」⇒「バッテリー」⇒「バッテリーの使用状況」を確認するとアプリごとのバッテリーの消耗度合いがわかります。

極端に消耗しているアプリがある場合はアプリ内の設定を変更したり、必要でなければアプリを削除する事で改善する可能性があります。

アプリごとのバッテリー消費量を確認する

2.画面ロックの設定を確認する

画面ロックとはiPhoneを一定時間触っていないと自動的にスリープ状態にする事です。 起動はしていますが、画面が真っ暗になるため電池消耗が抑えられます。 長時間画面ロックをしないとバッテリーを消耗するので設定を確認しましょう。

「設定」⇒「画面表示と明るさ」⇒「自動ロック」

※初期状態の設定は1分になっています。

アプリごとのバッテリー消費量を確認する

3.画面の明るさの設定を確認する

画面の明るさを上げすぎているとバッテリーの減りが早くなるので設定を見直してみてください。

「設定」⇒「画面表示と明るさ」⇒「明るさ」

アプリごとのバッテリー消費量を確認する

バッテリーの残量が少なくなってきたら

バッテリーの残量が少なくなってきて充電ができないとき
少しでも長く持たせたい時は低電力モードにしましょう。

低電力モード中はメールの自動取得、HeySiri、アプリのバックグラウンド更新などバッテリーを消耗しやすい動作を制限されるのでバッテリーの長持ちに繋がります。

「設定」⇒「バッテリー」⇒「低電力モード」

アプリごとのバッテリー消費量を確認する

iPhoneお役立ち情報一覧へ戻る


Apple製品(iPhone・iPad・Mac・AirPods・Beats)の修理は
Apple正規サービスプロバイダのカメラのキタムラへ

ご予約の方を優先対応致します。
ご予約をいただいてない場合、長時間のお待ち時間発生やお預かりでの修理対応になる事がございます。