ここでは、2002年2月1日〜3月31日に読者の方々からお送りいただいた作品の中から「フォト美賞」に輝いた作品を、2月のテーマ「私の逸品」の作例として掲載しています。  
●投稿者
ミルクティー さん

●タイトル 「初めての一眼レフ」
●コメント 「中学生の時にこずかいを貯金して初めて買った一眼レフカメラです。非常
に思い出深い逸品です。」
●編集部から
はじめての一眼レフとは、とっても貴重な逸品ですね。フォト美も、はじめて買ったデジカメ(当時の最高画質で35万画素!!)はとっても思い出深いものですが、今では友人の手に渡っています。ミルクティーさんのこの写真を拝見して、思い出深い品物は、いつまでも手放さずに持っておくのも良いものだなぁ・・・と、ちょっぴり反省してしまいました。

●投稿者
ひで さん

●タイトル 「売ります!古布ひな人形」
●コメント 「百数十年前の布で出来たひな人形です」
●編集部から
えっ!? これって、もの凄い逸品なのでは?
もし、買いたい人がいらっしゃいましたら、このフォト美が仲介させていただきま〜す!
それにしても、ピントの位置やボケ方の雰囲気が良いですね。とても品物を魅力的に表現されていると思います。
●投稿者
九条 さん

●タイトル 「私の逸品」
●コメント 「うまく金属感が出たか不安ですが・・・」
●編集部から
無機質の金属感とソフトタッチのデニムの生地が、とてもマッチしていると思います!
欲を言えば、時計の文字盤がもっとシャープで、かつ真上から見下ろすアングルであれば、なお商品力をアピールできたような気がします。

©2017 KITAMURA Co., Ltd. All Rights Reserved.