●ナビゲーター Let'sフォト絵
【今回使用したソフト】 AdobePhotoshopElements(TM) アドビシステムズ
お使いのデジタルカメラにモノトーン撮影機能がなくても、今やレタッチソフトのカラー操作は自由自在。モノクロ・セピアへの変換もお手軽そのものです。そこで、大切な思い出写真をセピアやモノクロ調に変えてみませんか?瞬時にレトロ風の写真に仕立てることができますよ。
まず、レタッチする写真を用意しましょう。
できれば、被写体の輪郭がはっきりしている写真、人物写真などがオススメです。
画面にさまざまな被写体がたくさん写り込んでいて、カラー表現に依存する写真は、モノトーンには向きません。
今回は、留学生たちと出かけた卒業旅行の思い出の一枚を、モノトーンに変換しようと思います。
■元画像
全体的に暗めに写ってしまった写真。
これを明るく補正しながら、セピア、モノクロ写真に変換します。


つぎに、写真の露出に注目します。
この写真は、少しアンダー気味に写ってしまっているので、全体的に明るく補正してみます。
【操作手順】
[画質調整]-[ライティング]-[シャドウを明るく]を選択します。
「シャドウを明るく」というダイアログボックスが開きます。
ここで「明るく」というスライダを適当な位置へ右に動かします。
※「プレビュー」にチェックを入れて、画像の変化を確認しながら操作してみましょう
「OK」ボタンで確定します。
これで、人物の顔が明るく変化しましたね。
■シャドウを明るく補正する


そして、セピア調に変換です。
それには、「色相・彩度」を調整します。
【操作手順】
[画質調整]-[カラー]-[色相・彩度]を選択します。
「色相・彩度」というダイアログボックスが開きます。
ここで、右下の「色彩の統一」にチェックを入れます。
「色相」、「彩度」の値をそれぞれ設定し、「OK」ボタンで確定します。
設定値は画像の内容によって異なりますので、「プレビュー」にチェックを入れて、画像の変化を確認しながら操作してみましょう
■色相・彩度で、お好みのセピアに変換する


ちなみに、モノクロ調に変換する方法もご紹介しましょう。
【操作手順】
[イメージ]-[モード]-[グレースケール]を選択します。
レイヤーが2つ以上作られている場合は、レイヤーを統合するかどうかのメッセージが表示されます。
「統合する」「統合しない」のいずれかを選ぶと、画像がモノクロに変換されます。

■グレースケールモードに変換するとモノクロ写真に


▲ページトップに戻る


このページをプリントする PDF文書(約2MB)

PDF文書を表示するには、右のプラグインソフト(無償)が必要です Get AcrobatReader


TOPデジカメ撮影機能 | レタッチお助け隊 | おまけレタッチ

©2017 KITAMURA Co., Ltd. All Rights Reserved.